先週末、地元前橋の特設会場でGPミストラルの第2戦が行われました。

GP-mistral 2013 #2

GP-mistral 2013 #2

まえばしシクロ2013」と同じ場所。目の前に利根川、赤城山と榛名山に囲まれ真冬は猛烈な「赤城おろし」をくらうエリアです。コースは前に比べて非常にテクニカルな味付けになってました。

20131110_102
Photo by Kasukabe Vision FILMz いつもありがとうございます!

まずはイマイ出走のElite-WomenとアサヒのJE-2。試走時に3UPの三上さんからマンツーマンでレクチャーを受け準備万端のイマイ。

GP-mistral 2013 #2

調子も良く単独トップ・・・

GP-mistral 2013 #2

のはずが、中盤で大落車し1分以上ロスするも・・・

GP-mistral 2013 #2

JECXシリーズ初勝利です。

GP-mistral 2013 #2

一方、まえばしシクロでは計測チップを付け忘れて3位だったにも関わらずリザルトに残らないという大失態を犯したアサヒ。今回は大丈夫!

GP-mistral 2013 #2

じゃなかった!ぜんぜんリムセメントの下地できてねーじゃねえか!タイヤ剥がれで1分以上のロス。そのお陰で初のバイクピットを経験できたのですが。

20131110_108

ホイール交換してる間、NABE君のバイクに乗ったところ、あまりにもフィーリングが良くて笑顔でレースする男(サイズ合ってないのに・・・)。あれだけタイムロスしたにも関わらず4/15位でゴール。

20131110_591

アサヒと競っていた織田選手。かっこいい。

GP-mistral 2013 #2

続いてElite-MenとJE-1のレース。NABE君がTAKIZAWAスキンスーツで出走。去年は野辺山(C3)→上山田(C2)→シクロクロス東京(C1)とストレートで昇格して、これがシクロクロス4戦目。本当に4回目!?と思うほどの力強い走りでJE-1で2位の好成績(と同時にElite-Menに昇格!)。仕事の都合上なかなかレースに出れないけれど、狙ったレースは確実に成績を残しています。

20131110_460

同じくJE-1で3位の伊澤選手。かっこいい。

20131110_501

GP-mistral 2013 #2

午後のJE-3にはぼくとシクロクロス初参戦のワタボ、10数年ぶりにシクロクロスレース参戦の静野さん、ナカジマさん(写真ありがとうございます!)が出走。先週よりはまともに走れている実感がありましたが、体幹の弱さは変わらず。8/48位とまずまずの成績でした。最後にワタボに差されたのが相当悔しかったです。

GP-mistral 2013 #2

↑ShiztechのCX車が5台になりました。シクロクロスを始めた頃は、まさか自分の地元でレースが開催されるなんて思ってもいなかったわけですが、時間に余裕ができ、交通費が掛からないのが非常にありがたいです。何より普段ロードで一緒に走っている仲間や、あまりスポーツ自転車に詳しくない知り合いも気軽に観戦に来れて、応援してもらえるのが本当に嬉しいです。今後、この特設会場がどのように管理・運用されていくのかまだ不明ですが、年に数回レースができれば嬉しいなあと。

今回のレースでもイマイがJECX1勝目、NABE君がElite-Menに昇格など成果のあるレースでした。応援いただいた方々、レース中は振り返る余裕すらないですが、しっかり聞こえています!応援ありがとうございました。


NABEくん主催で月1回行っているクラブライドは早くも6回目。今回はぼくの提案で、定番の練習コースになっている箕郷の周回コース+αを案内することに。

TC Club Ride September

これお気に入りです。DeFeetのソックス。

まず最近発見したルートで水沢観音へ。

高校生コンビは揃ってクラブジャージで。まったく性格も周りの環境も違う2人ですが、最近は完全に打ち解けて仲良くやってます。

TC Club Ride September

その後、箕郷へ移動。登りと下りとカーブばかりのジェットコースターコースをこなしたあとは、梨園に寄ってとびきり甘い梨をいただく。ぼくが世の中で一番好きな食べ物、梨なんですよ(どうでもいい)。

TC Club Ride September

ネクタリンもいただきました。すっぱくてうまい。

遠方の方々に声を掛けなかったということもあり12人程度でしたが、非常に楽しく行ってきました。個人レベルで見て、回数をこなすごとに登りが速くなり、下りのコントロールが上達し、集団走行が上手くなってるのがよくわかります。そんで「今回のコースもよかったよ」などと言われると嬉しくなっちゃいますね。前橋に住んでいると目と鼻の先にある赤城山に足を伸ばしてしまいがちですが、今回のライドでは「ほんの少し距離を伸ばせば箕郷のような素晴らしいコースがあるんだよ」というのを知って欲しかったのです。日々のライドが、いつも素晴らしい景色だったら「ここに住んでてよかった」と思えませんか?


前回のエントリーから半月ほど経ってしまいましたが、実はアメリカ・オレゴン州の街ポートランドに行ってきました。恥ずかしながらまだ写真の整理もできておらず。後ほどポストします。

SEA to PDX

話は変わりますが、Instagramから写真の引用できるんですね。最近知りました。春のRaphaジェントルマンズレース以降、クラブのみんなやライド仲間がよく写真をアップしてくれています。今後はそういった写真をエンベッドしていく機会も増えるかな。

先週末はタキザワサイクル主催の「群馬サイクルミーティング」。群馬CSCオープン前の数時間に行われる草レースです。当日エントリーOK(エントリーフィー2,000円)、計測チップ無しのローカル感あふれるイベント。行政主導でドカーン!と一発やるスポーツイベントが増えてますが、こういった小さな規模で出来るレースがもっと増えてもいいのかなと思います。

レース後は「デザート」と称して谷川岳、一ノ倉沢までグループライド。沼田のPEEECEとDA Boys Clubも合流。

谷川岳は、ぼくがまだ小学生の頃に家族旅行で訪れた以来でした。その時の家族写真がいまでも実家のリビングに飾ってあるのですが、実際訪れると距離感が麻痺する広大な景色にしばし見入ってしまいました。

群馬サイクルスポーツセンターというと、JCRCのレースで来ることくらいしかないのですが、実は群馬CSC周辺は良いライドコースがたくさん存在します。レース後にちょっと周辺散策して、ライド後は温泉。というのが定番コースになりそうです。


先月からNABEくん主導ではじまった「TC Club Ride」。普段あまり集団走行をしない人や、ロードレーサーを始めて間もない人を対象にしたトーキングペースのグループライド。前回と同じく、CycleClubはサポートメンバーとして参加。

TC Club Ride June

下は高校生から上は50代後半まで。世代を越えて繋がるのいいですよね。

TC Club Ride June

今回もミポリンが補給食を用意してくれた。本当にありがたい。

TC Club Ride June

走ったルートは95kmと長めだったため、体調や予定に応じてローカル線で合流/離脱できる選択肢も用意した(↑上毛電鉄は自転車を輪行袋に入れなくても乗車可能なのだ)。参加したのは総勢18人。9人ずつ2班に分かれてスタート。

TC Club Ride June

TC Club Ride June

自転車に乗り始めて5年くらい経つけれど、初めて桐生方面の山を走った。何で今まで行かなかったんだろう?と後悔している。

TC Club Ride June

TC Club Ride June

桐生は入り組んだ低い山が連なっている感じ。関東平野の北端とも言える前橋・高崎エリアと見える景色が違いすぎることに驚いた。

TC Club Ride June

素晴らしいコースでした。地元の人の話を聞くと桐生・足利方面は走れる山が少なく、近場だとこのあたりに集中してしまうらしい。確かに納得、多くのサイクリストを見かけた。

TC Club Ride June

TC Club Ride June

桐生の街に戻ってきて「レンガ」という煉瓦造りの倉庫を改装したパン屋でブランチ。さすがに20人近いサイクリストが押し寄せたら迷惑だろう・・・と不安だったけれど、いざ行ってみると広々とした店内にイートインスペースがたくさん(テラスもあり)、パンの種類も豊富で、良いスポットだった。先客で数人のサイクリストにも遭遇した。ここでパンを食べ過ぎた人続出。

TC Club Ride June

最後は赤城のR353で前橋方面へ。コースといい、休憩ポイントといい、素晴らしいライドだった。このコースを決めるまでに2〜3回試走したというし、良い体験を提供するには準備がどれだけ重要かを常々感じる。そして幸いにも、参加してくださる方々がオトナ(年齢的にという意味ではなく)ばかりで逆に助けられることもしばしば。毎月参加したいと言ってくれたり、本当に嬉しいです。

来月も面白そうなプランを練っているようです。


2013年のゴールデンウィークは前半の「Rapha Gentlemen’s Race Kyoto」が終わって、ぽっかり穴が開いた感がありましたが、他チームのブログを読む限り全国各地でジェントルマンズレースに刺激を受けたライダー達が、更なるEPICなライドを求めた動きをしているようだ。もちろんここ群馬でも。

_IGP9051

GW後半は、差し当たって遠出する機会もなかったわけだけれど、忙しい中、Cyclowiredの磯部くんが遊びにきてくれたので、群馬県北部で150kmほどのルートをライド。なんなんだこのフットワークの軽さ!

R0020271

前回は、群馬県西部・軽井沢方面でした。

R0020281

R0020279

軽量パイプを使ったIndependent Fabricationのシクロクロスバイクで。これかっこいいよなあ。

沼田を経由して榛名山をぐるっと1周するようなコースレイアウト。当初はJR上毛高原駅から群馬CSCまでの激坂を考えてましたが、パスしました。ライド後の温泉→みんなでディナーの満喫コース。

R0020283

で、翌日はNABE君主催の「TC Club Ride」。普段グループで乗り慣れていない人や始めたばかりの人を対象にしたトーキングペースのグループライド。ぼくらCycleClubのメンバーは生意気にもアドバイスやらサポートで参加。今回は第1回目だったため、身近な人を中心に集めたということだったけれど、回数を重ねて距離も人数も、面白い仕掛けも増やしていきたいとのこと。

R0020290

そして今週末は、スチールロードレーサー限定のレースイベント「クロモリロードレース」が群馬サイクルスポーツセンターで開催されます。エントリー費たか!と一瞬思いましたが、面白そうなのでエントリーしてみました。ぼくとNABE君はShiztechで参加してきます。それに備えて、NABE君が新型を準備してるらしいが・・・。

R0020294

シマノのシューズもデザイン的にアレということで小細工してるみたいです。これが今シーズン初レースとなりそうです。