先月の野辺山シクロクロスで既にお披露目されていますが、今シーズンはシクロクロス向けのスキンスーツを作ってみました。

地味なカラーリングにしたつもりなのですが、同じ雰囲気のジャージがあまりいないのか、けっこう目立つと複数の方からコメントをいただいてます。

製作はチャンピオンシステムにお願いしました。納期はデータ入稿で1ヶ月半、デザイン起こしからお願いした場合は2ヶ月半くらいでしょうか。今回作ったスキンスーツは1着12,600円なので、レーサージャージの上下を買うよりずいぶん安い。ちなみに届いたのは野辺山シクロクロスの前日でした・・・。

それとスキンスーツとセットでDefeetのソックスもキットに組み込んでいます。実は夏にアメリカ・オレゴン州を旅行したのですが(まだブログ書いてない・・・)、その時にこの発色の良いソックスを見つけてチームキットに採用。国内では来春から販売開始するそうですよ。

ジャージに留まらず、フレームカラーも揃ってます。

Shiztechのシクロクロスバイクは去年の蛍光オレンジを含めて5台。ブルーの新型はワンオフの44mm径ヘッドチューブを基本にチューブセットを変えたり、ディスク仕様にしてみたり、どれも個性的な仕上がりです。

ワタボの乗るShiztechは電動内装仕様。バッテリーもシートチューブ内装型になっています。

NABE君はイギリスCONDORのTERRA-Xをチームカラーに塗り替え蛍光オレンジのShiztechはスペアバイクに。

最近、たくさんの方々にクラブメンバーの写真を撮っていただき、サイクルスポーツメディアへの露出も増え、このブログだけでは情報を追いきれなくなってきました。本当に本当にありがたいことです。CycleClub.jpのfacebookページでも小ネタを流していこうと思っているので、よければフォローしてみてください。


今年も野辺山シクロクロスに行ってきました。夢のような2日間から醒めないまま早1週間半が過ぎ、ブログに記すのもぼくが最後尾かもしれませんが、少しまとめます。

DSCF4564

去年は、右も左もわからないままクラブ初のシクロクロスレースとして参戦。それからシクロクロスの楽しさに一気にのめり込んだわけですが、その後の人とのつながりがクラブの活動に多大な影響を与えました。真冬のツンドラカップをはじめ、春・秋のジェントルマンズレース、先日の野辺山テストクロスなどなど、この1年間で4〜5回は野辺山を訪れているし、その他イベントやレースで数えればキリがないほどたくさんの方々とつながることができた。自転車に関して言えば、まだ1年しか経ってなかったの?と思うほどに濃い1年だったなあと。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

会場を見渡すとシクロクロス会場でよく見る顔ぶれや、ブログ・SNSでつながる“中の人”達。同じ会場だけど1年前と全く違った見え方をしてました。クラブの変曲点だと感じた去年と比べ、今年はまるで元日のような、また新しい1年が始まりそうな、そんなレースだったのです。

DSCF4223

20131117_108

ぼくは去年に引き続きC3Aで参加。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年の屁っ放り腰から比べれば、フォームも幾分かマシになったかなと思います。右の人NHKチャリダーの俳優さんですかね。1日目は6/100位(そのうち22人がDNF。殆どの人が泥詰まりでリアディレイラー破損!)。

nobeyama20130201

実はぼくもディレイラー壊しました。去年、どうしても乗れなかった泥区間だったけれど、スイスイ乗れるようになっていた自分の成長が嬉しくて。がむしゃらに乗っていたら2周目で「ん?」と。至急NABE君のバイクを用意してもらって、ピットエリアで交換。仲間がコースのあちこちに散らばって応援してくれていたお陰でレースを続けることができた。急いでピットにバイクを持って来てくれたNABE君が「最後まで走れ!」と言ってくれたことは忘れないぞ!

Nobeyama Cyclocross 2013

2日目は25/119位(泥区間が短縮されDNFは1人のみ)。両日共にほぼ同じ位置(後方スタート)だったのですが、1日目の調子が良かっただけに2日目の結果が悔しくてなりませんでした。1周あたりあと15秒速く走れればC2で勝負できるかな?というレベル。精進します。

Nobeyama Cyclocross 2013

チームテントの設営や撮影など、いろいろサポートしてくれたエンドウ。しっかり2日間走って、1日目の夜は普段飲まないビールも呑んで大満足だった様子。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年に引き続き篠さんも名古屋から参戦。シングルスピード選手権には出ませんでしたが、本業のシングルスピードでマリオやってるみたいです。

Nobeyama Cyclocross 2013

nobeyama20130255

Nobeyama Cyclocross 2013

クラブのシニア部特攻隊長ササキ氏は2日目のC3Bで見事3位。

DSC_0554

20131117_281

大混戦のC2にはアサヒが出走。昨シーズンは「ピンクのももひき」をトレードマークにC2で戦っていましたが、今年は真っピンクのヘルメットが目印です。今シーズンはじめの「まえばしシクロ」ではチップ付け忘れでリザルト残らず、「GPミストラル第2戦」ではタイヤ剥がれでタイムロスなど、すっかりツメの甘いキャラが定着しているわけですが。1日目にやってくれました。

nobeyama20130136

この構図。実は去年の野辺山CXでも1位の山田選手と走って表彰台に昇っている。この1年間で楽しみながらシクロクロスの腕を磨き着実に実力を付けていく姿を間近で見ているから、この表彰台(=C1昇格)は特別嬉しかった。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

そしてしっかりツメの甘いところがアサヒらしい。ゴール後バランスを崩し派手に転倒。嬉しさのあまり泣き崩れてるってことにしときましょう。

Nobeyama Cyclocross 2013

飯山ステージからL1で走り始めたイマイは会場で「ミポリン!ミポリン!」とたくさんの人に声をかけてもらっていた(いつの間にファン増やしたんだ・・・)。Rapha Japan矢野さんのススメで急遽UCI登録を行い、初のUCIカテゴリレースへの出走となった。

nobeyama20130139

Nobeyama Cyclocross 2013

1日目のレース序盤、豊岡選手に続く2位の激走。後半で現全日本チャンプの宮内選手に捉えられるも3位でフィニッシュ。

20131116_166

まるでトップでフィニッシュしたかのような満面の笑み。これには見ていて目頭が熱くなった。レースで勝利を重ねるたびに機材がどうだとか、トレーニングはこれがいいとか悪いとか、全日本選手権のために—とか、色々な声を聞くようになったけれど、イマイの「楽しく走るのが第一」という軸は全くブレてないということを再確認でき、少し安心したのだった。もちろんレースを走るからには真剣勝負、勝利が「目標」ではあるけれど。「クラブの目的」は勝利へのこだわりでも、ショップやブランドのアピールでもなく、各個人が楽しく過ごせるかどうか、その日うまいビールが飲めるか、に尽きます。

20131116_168

20131116_180

それにしても3位はすごいなあと思う。上記2名の大活躍で、1日目は萌木の村ROCKで祝賀会。恐らくこの夜エリート女子参加選手の中で一番ビールを飲んだのはイマイで間違いないだろう。

DSCF5007

2日目はパナソニックレディースから坂口姉妹も参戦し、更なる激闘へ。ここでも5位と大健闘。

DSCF5115

Untitled

最後にUCI ELITE-MenでクラブのエースNABE君が出走。80%ルールで次々と降車させられる中、大ベテラン池本選手とパックに。

Nobeyama Cyclocross 2013

残り3周で足切りとなりましたが、結果は18/65位(うち完走者は16名のみ)。日頃いろいろ機材やメンテナンスでサポートしてくれて、普段あまり練習している素振りは見せない彼ですが、やっぱり努力してるんだなあと考えたらまた目頭が熱くなってしまったのでした。

野辺山からの帰り際に他のシクロクロッサーと交わす挨拶は「また来週!」。これからまた新しい1年がはじまります。今シーズンも全力で楽しみたいと思います!

最後に、ichicoblogさん、Kikuzoさん、Kasukabe Vision FILMzさん、KEI TSUJIさん、写真使わせていただきました!ありがとうございます。


先週末、地元前橋の特設会場でGPミストラルの第2戦が行われました。

GP-mistral 2013 #2

GP-mistral 2013 #2

まえばしシクロ2013」と同じ場所。目の前に利根川、赤城山と榛名山に囲まれ真冬は猛烈な「赤城おろし」をくらうエリアです。コースは前に比べて非常にテクニカルな味付けになってました。

20131110_102
Photo by Kasukabe Vision FILMz いつもありがとうございます!

まずはイマイ出走のElite-WomenとアサヒのJE-2。試走時に3UPの三上さんからマンツーマンでレクチャーを受け準備万端のイマイ。

GP-mistral 2013 #2

調子も良く単独トップ・・・

GP-mistral 2013 #2

のはずが、中盤で大落車し1分以上ロスするも・・・

GP-mistral 2013 #2

JECXシリーズ初勝利です。

GP-mistral 2013 #2

一方、まえばしシクロでは計測チップを付け忘れて3位だったにも関わらずリザルトに残らないという大失態を犯したアサヒ。今回は大丈夫!

GP-mistral 2013 #2

じゃなかった!ぜんぜんリムセメントの下地できてねーじゃねえか!タイヤ剥がれで1分以上のロス。そのお陰で初のバイクピットを経験できたのですが。

20131110_108

ホイール交換してる間、NABE君のバイクに乗ったところ、あまりにもフィーリングが良くて笑顔でレースする男(サイズ合ってないのに・・・)。あれだけタイムロスしたにも関わらず4/15位でゴール。

20131110_591

アサヒと競っていた織田選手。かっこいい。

GP-mistral 2013 #2

続いてElite-MenとJE-1のレース。NABE君がTAKIZAWAスキンスーツで出走。去年は野辺山(C3)→上山田(C2)→シクロクロス東京(C1)とストレートで昇格して、これがシクロクロス4戦目。本当に4回目!?と思うほどの力強い走りでJE-1で2位の好成績(と同時にElite-Menに昇格!)。仕事の都合上なかなかレースに出れないけれど、狙ったレースは確実に成績を残しています。

20131110_460

同じくJE-1で3位の伊澤選手。かっこいい。

20131110_501

GP-mistral 2013 #2

午後のJE-3にはぼくとシクロクロス初参戦のワタボ、10数年ぶりにシクロクロスレース参戦の静野さん、ナカジマさん(写真ありがとうございます!)が出走。先週よりはまともに走れている実感がありましたが、体幹の弱さは変わらず。8/48位とまずまずの成績でした。最後にワタボに差されたのが相当悔しかったです。

GP-mistral 2013 #2

↑ShiztechのCX車が5台になりました。シクロクロスを始めた頃は、まさか自分の地元でレースが開催されるなんて思ってもいなかったわけですが、時間に余裕ができ、交通費が掛からないのが非常にありがたいです。何より普段ロードで一緒に走っている仲間や、あまりスポーツ自転車に詳しくない知り合いも気軽に観戦に来れて、応援してもらえるのが本当に嬉しいです。今後、この特設会場がどのように管理・運用されていくのかまだ不明ですが、年に数回レースができれば嬉しいなあと。

今回のレースでもイマイがJECX1勝目、NABE君がElite-Menに昇格など成果のあるレースでした。応援いただいた方々、レース中は振り返る余裕すらないですが、しっかり聞こえています!応援ありがとうございました。


先週の話になりますが、長野県飯山市で行われた信州クロスのナイターに参戦してきました。恐らく日本で唯一のシクロクロスナイター、土日で2連戦できるということもあり関西地方からの参加も多く感じられました。

Shinshu CX 2013 #4-5

普段なら4時とか5時に自宅を出ますが、ゆっくりブランチしてからお昼過ぎに出発する感覚はなかなか新鮮味があります。群馬からは2時間くらい。行きは軽井沢経由で180kmほどです。

Shinshu CX 2013 #4-5

現地到着後、談笑しつつ試走準備。この日はレース前に三船さんのシクロクロススクールが開催され、コース攻略のポイントをわかりやすく丁寧に教えていただきました。普段テクニックや攻略方法を学ぶ場(人)がないぼくにとって、こういう催しは貴重です。そうはいってもレース中に教えてもらった通りこなすのはなかなか難しいのですが・・・。ただ、それを知らないで走るのと念頭に置いて走るのでは雲泥の差があって、終わってみるとレースが最高の練習になっていたりするんです。こうしたイベントは進んで参加するべきです。

Shinshu CX 2013 #4-5

今回カメラ要員がいなかったのでC1の写真になりますが、レーススタート前。真っ暗です。

Shinshu CX 2013 #4-5

ぼくは第1レースのC3で出走。ほぼ2週間まともに走れておらず結果は9/27位。トップから2分半も離れているので、この状態のままでは今年中のC2昇格は難しいと思います。明らかに去年よりも走れていな感覚が自分でもわかります。これはまずい・・・。

Shinshu CX 2013 #4-5

同時出走のL2では、イマイが優勝。レース中にチューブラーが剥がれたり、色々あったそうですが2位を大きく引き離して勝利(最近facebookで自身のレースポエムレポートを書いてるようなので、詳しくはそちらを!)。今年はL1で出なさい。とチームオーダーを出していたにも関わらずJCFの登録証が届いたのがレースの前日だったそうでL2での出走となりましたが、翌日は交渉してL1で走れ!と念を押して帰路についたのでした。

帰りは新潟周りで帰宅。軽井沢周りと走行時間は変わらず、距離は30km短く、さらに高速料金も半値でした。次からはこっちのルート使います。

Shinshu CX 2013 #4-5

2日目。ぼくは参加せず。CycleClub.jpからはエンドウ、シニア部からササキ氏、ナイターに引き続きイマイが出走。ササキ氏はC3で4位と健闘。今年中のC2昇格が見えてますね。

Shinshu CX 2013 #4-5

イマイは朝イチで交渉してL1で出走できたようです。前日のナイター時からコースの手直しもあり、さらに朝露で湿ったハードなコンディションになっていたようですが、全日本チャンプの宮内選手を相手に2周ほど先頭を走るなど大健闘。結果2位の好成績でした。シクロクロス全日本選手権の切符も獲得。今年は女子シクロクロスシーンがより一層盛り上がりそうです。

飯山2連戦、辛くもまた走りたい素晴らしいコースでした。来年は間違いなく2連戦でエントリーします。会場周辺はスキー場がある関係上、安い素泊まり宿が多くあるそうなので遠征にも向いてます。

今回のイマイの活躍でCycleClub.jpはエースのNABE君(C1)、イマイ(L1)、アサヒ(C2)と強力なメンバーが揃ってきました。今年はワタボがC1に行く可能性がありますし、前述のササキ氏もC2昇格目前です。ぼくも一丁前にブログ書いてるだけでなく、早くC2に昇格して結果を残さないといけません。来週の野辺山シクロクロスに向けて、盛り上がってまいりました―――!


先週末の土曜日、地元前橋でレースが行われました。行政主導の珍しいシクロクロス。空き地だった市有地にBMX常設コースをつくり、特設会場として利用しています(これからも利用していく方針)。やっと昨シーズンから本格的にシクロクロスを始められたと思ったら、まさかの地元開催。「まえばしシクロ」というネーミングに若干の違和感を感じつつも、やはりなじみのある土地で開催されるのは非常に嬉しい。

Maebashi Cyclocross 2013

1週間前に試走しに行ったのですが、当日はさらに手が加えられ「階段、ドロップオフ、キャンバー、コブ、砂、泥、シケイン、フラットな直線区間」などなど狭い敷地(全長約2km)に盛りだくさんの内容になってました。

Maebashi Cyclocross 2013

ぼくがエントリーしたのはビギナー(カテゴリ3相当ってことになってます)クラス、出走は50人ちょいで本日1番の大人数。先日の台風で運ばれた土砂が砂埃になって巻き上がる超ドライコンディション。

Maebashi Cyclocross 2013

現前橋市長の山本龍氏も最後尾からスタート。積極的に参加する姿勢、すごく好感が持てます。

Maebashi Cyclocross 2013

ぼくはというと、3列目くらいからのスタート。4位くらいで最初のコーナーを回れたと思います。3ラップまでは2〜5位くらいで展開できていたと思うのですが、牽制してしまいペースが落ちる→先頭との差が開く&後ろとの差が縮まるという良くない展開。恥ずかしいことに、レース中の解説でも指摘されました。4ラップからは3位をキープ。2位の人が20mくらい前にいるのですが、なかなか差が縮まらない。

Maebashi Cyclocross 2013

そして後ろから迫るデカ鬼さん。この日、初シクロクロスと言ってました。あっさり抜かれ4位でゴール。前半ペースを落としてしまったのが非常に惜しいです。せっかく表彰台圏内でレースを展開できていたのだから、もっと1戦1戦を大切にしないといけないですね。それと、去年の今の時期に比べて明らかに走れてない感覚がある!これはマズいぞ。

Maebashi Cyclocross 2013

今回は、CycleClubシニアの部からナカジマさんと

Maebashi Cyclocross 2013

ササキさんが初参戦。それぞれレースを楽しんでました。

Maebashi Cyclocross 2013

午後になって、直線だった泥区間が緩いS字カーブに変更され、難易度アップ。

20130928_054
Photo by Kasukabe Vision FILMz on Flickr

エリート&スポーツカテゴリにアサヒ(ピンクももひき)が出走。翌日の赤城山ヒルクライムに備えたいからクロスは〜なんて言ってましたが、やはりレース。本気になっちゃうよね。

20130928_059
Photo by Kasukabe Vision FILMz on Flickr

めちゃくちゃキツそうでしたが、3位をキープ。今シーズンのC1昇格に期待できそうだぞ。

20130928_041
Photo by Kasukabe Vision FILMz on Flickr

ちゃっかり飛んでる!しかし彼、計測チップの装着を忘れ、せっかく3位でゴールしたのにDNF扱いに。あほ!

Maebashi Cyclocross 2013

クラブで表彰台に上ることはありませんでしたが、楽しく走れる良いコースだったし、シーズン初めの良い刺激になりました。しかし赤城山ヒルクライムのプレレースだったとはいえ、圧倒的に告知が足らなかったんじゃないかなあと。新聞やラジオなどで「エントリー者が定員割れ」といったニュースが流れたり前評判があまり良くなかったとはいえ、豊岡英子選手を招待選手に迎えるなどしているわけだし、もう少し参加者・観客が集まる仕掛けがあってもよかったと思う。エリートクラスでの出走が2人だけだったり、エンジョイライドのエントリーが6名だったのはさすがに寂しいものがあった(その分、エンジョイライドはキクミミさんが全部持って行った感があるけれど)。

とか何とか思いつつ、いつも関東圏のシクロクロスレースで見る顔ぶれに再会してなぜかホッとし、寒い冬に体感した「あの感覚」を思い出しつつあるのだった。

今回使用したコースは、11月10日に同じ場所で行われるGPミストラル第2戦まで常設しているそうです。市長も「細かいルールを設定しないかわりに、スポーツ交流の場として使用して欲しい」というコメントをしていたので、お時間のある方は利用してみてはいかがでしょうか?