先週末は県北部へパスハンティングへ。夏に内房を走った時のような、シクロクロスで行ける良いコースないかなあと偵察を兼ね四万温泉へ。あいにくみんな予定があったみたいで、イマイと行ってきた。

Passhunters Activity1

天気が悪かったのが残念だけど、ターコイズブルーの四万川ダムはいつ見ても美しい。が、ちょっと水量が少ないみたい。

Passhunters Activity1

メインディッシュの万沢林道へ行ってみたものの「当分の間閉鎖」とのこと。9月末まで閉鎖中との情報を得ていたのだけど、12月27日まで(つまり来春に等しい)に延期されていた。ここは21kmのロングダートが楽しめて、林道好きには有名な1kmの直線ダートもある。天気も良くないし、来年行くことにしよう。

Passhunters Activity1

気を取り直して向かったのは、万沢林道からすぐ近くの秋鹿大影林道。ここは水上から四万温泉に抜ける13kmのグラベル。モーターサイクルで来る人は、この2つの林道はセットらしい。この天気に自転車で走る人は他に見かけなかったけど、10人ほどのモーターサイクリストとすれ違った。

Passhunters Activity1

Passhunters Activity1

紅葉狩りするには少し早かったらしい。あと2週間もすれば真っ赤に色付くだろうね。

Passhunters Activity1

Passhunters Activity1

かなりガレてる箇所もあって、乗用車で走破するの難しいだろうなあ・・・という感じ。イマイはリム打ちでパンク。ぼくはダウンヒル中に太い枝が挟まって前転。あぶねえ・・・。

Passhunters Activity1

ラストは四万温泉でリフレッシュ。30kmくらいしか走ってないのに、心身共にかなりの疲労感。おかげで良いコース取れそうです。紅葉時期にもう一度行きたい。


今週末の土曜日に開催される「まえばしシクロ2013」。直前になっても、公式サイトで当日のスケジュールやエントリーリストが公開されないので、応援に行きたくても良くわからなくて困っている人がいるんじゃないかと思います。なので少しまとめます。

==================================================
【大会日程】
7:30〜9:00 参加者受付・試走
9:00〜9:30 開会式
10:00〜10:40 第1レース「マスターズ・レディース」(30名/6名)
11:00〜11:30 第2レース「ビギナー」(56名)
11:30〜12:30 試走
12:30〜12:50 第3レース「エンジョイライド」(6名)
13:10〜13:50 第4レース「エリート・スポーツ」(5名/14名)
13:50〜14:00 閉会式
==================================================

案内状に書いてあったものをそのまま記載してます。エントリー少ないですね・・・。去年参加した関東シクロクロス主催の秩父サイクルフェスティバルは、全体人数でいえばこれより遙かに少なかったのですが「また参加したい」と思えるような素晴らしい運営でした(初のシクロクロスレースだったのと、完全なMTB向きコースで本当に辛かったですけど)。前橋の大会もそう思えるようなイベントになってほしいです。

IMG_0523

コースが気になり、土曜日にNABE君、ミポリンと3人で視察しに行ってきました。

先日の台風の影響で、一時コースが使えなくなる可能性もあったようです。運営の方々の努力が随所に見られ、しっかり走れる状態になっていました。

R0020912

R0020906

さらに祝日の月曜日、コースが出来上がったとの情報を受けアサヒと試走へ。約2kmのコースが仕上がってました。シケインと階段を除けば、ほぼ100%乗車可能なフラットコースです。後半はド平坦な直線区間もあり、ちょうど信州クロス上山田のような印象でした。前のエントリでフロントシングルのことを書いてますが、前は1枚でもOK、SSCX(シングルスピードシクロクロス)で走っても楽しいと思います。

こんな風にフワッといきたいもんです。

R0020909

せっかくの地元開催ということですが、参加者のうち群馬県のシクロクロッサーは1/3も満たないんじゃないかな?県外からお越しになる方々には、ぜひ楽しんでいって欲しいと思います。ほんの少しだけ観光情報載せます。

==================================================
【温泉】
これは群馬に来たら基本ですね。レースバッグの中にお風呂セットをお忘れなく!会場からだと、伊香保温泉まで車で約40分て感じでしょうか。高速道路を利用される方は、前橋IC近くの「天神の湯」がおすすめです。ぼくは伊香保まで行かず、ここで満足してます。会場から一番近いお風呂(温泉)は、前橋駅前の「ゆ〜ゆ」ですかね。他にも温泉なら腐るほどあります!

【グルメ】
会場でも出店があるみたいですが「登利平」の鳥めしは、こちらのスタンダードなお弁当です。運動会など特別な行事に配られ、子供の頃から「弁当といえば登利平」というイメージを植え付けられて育ちます。もし食べたことがなければ、食べてみるのも良いかと。有名なだるま弁当峠の釜飯は、そこまで一般的に食べるものではないです。
それと、ソウルフード的なものとして「焼きまんじゅう」があります。会場のすぐ近くに「原島屋総本家」という元祖焼きまんじゅう屋があり、15時までならイートインできます。店内では「ぷっすま」のロケ隊が訪れた時のVHS(今にもテープが千切れそうな画質!)がループ再生されてます。

こんな感じの食べ物です。けっこう美味いですよ。他のグルメに関しては、様々な情報ソースを活用すればいくらでも良いお店が見つかると思いますので、探してみてください。豚肉を使った料理や、そば・うどんが美味い傾向ですね。

【自転車店】
会場近くの自転車店のみ紹介します。時間があったら行ってみてください。

==================================================

他に何か「いい場所ない?」ってのがあったら、Twitterなり大会当日直接お声がけください。お待ちしております!


今週末に迫った「前橋シクロ」を前に、やっとシクロクロス車の整備が終わり、無事シーズンインできそうです。今シーズンのメインは静野さんに造ってもらった新型のShiztechなのですが、昨シーズン使用していたCONDORのシクロクロスも、サブマシン兼通勤快速号として整備しました。

コンポーネントは先代の通勤車に使用していたSRAM RIVALを移植しましたが、少しメインマシンとは趣向を変えてます。

Wolf Tooth Components

先週あたりTwitterのタイムラインで話題になっていたアメリカ「Wolf Tooth Components」というところのフロントシングル用チェーンリングです。SRAMのXX1やX01でも採用されている刃先の長いチェーンリングですね。Wolf Toothの他にもAbsolute Blackからも同様の設計のものが出てます。

昨シーズン走ってみた印象、フロントシングルで十分対応できるコースばかりだったので、チェーン落ちとマシントラブルのリスクが軽減され、さらに軽量化できるこの手の製品はジワジワと普及しそうな気がします。来年はSRAMからもCX用がリリースされるというウワサですし。

R0020922

フロントシングル化に伴って、ダブルタップレバーを分解してシフト機構を抜き取っています。初めてSRAMのシフターを分解しましたが、これ非常にシンプルなつくりですね。10分くらいでバラせました。ぼくの場合は、あらかじめシフターを持ってたのでアレですが、イチから組むならこのチェーンリングとレトロシフトの組み合わせ、すごくクールだと思います。

Wolf Tooth Components

持っていたクランクが130PCDだったので、130PCD×40Tで組みました。なかなかいい感じです。フロントシングルで組んでいる人に聞くと38Tが一般的だそうですが(体調やコースに合わせて38〜42Tの間で選ぶらしい)、130PCD×38Tで組み付けると、設計上チェーンがスパイダーアームに当たってしまうということなので40Tにしました。リアは11-27Tで、通勤車として使うことも加味するとちょうどいいかなと。

R0020913

祝日の月曜日、早速アサヒとシクロクロスの会場へ遊びに行ってみたところ、すでにコーステープが張られて試走できる状態になってました。いよいよシクロクロスシーズンスタートです。


Twitterinstagramは変わらずですが、3週間ほどブログを放置してました。7月にアメリカ西海岸に行った話など、いろいろと書きたいネタはあるのですが、追々書いていきます。それから、最近インスタグラムから写真をエンベッドしてるせいか「ページの読み込みが遅い」と数人の方から言われたのですが、セキュリティソフトが阻害しているか、パソコンの買い換え時だと思います。ご検討ください!

今年のお盆は、ほぼ県下に留まって自転車に乗ってました。その甲斐あってか良いコースにも巡り会えましたし、春からずっと身体が重いような状態が続いてましたが、スキッとした感じです。

前橋に夏来たらココのかき氷は押さえておきたいですね。開店前でもすごい行列。どうかしてるよ!

朝ライドしてからサクッとBBQも。EPO君磯部君も休みを取って群馬でゆっくりしていきました。

その後、桐生方面へのロングライドなどなど。

さらに会社の同僚とダムカードをゲットしにBBQをしに神流川上流へ。年に2回くらい来てますが、やはり最高です。RGRKでダム部の方が言ってましたが、群馬はダム天国なんだそうです。確かに多いかも。そんな土地柄、ライド中にダムを良く見ますが、今年は特に水が少ないですね。素人でも「やばそうだな」と思えるレベルで、です。

それから、新聞やラジオでも「参加者が思ったほど集まらない!」と伝えられた「前橋シクロ」のコースがどうなってるのか見てきました。建設中ということもありコースには入りませんでしたが。コース会場の敷地は思ったより狭く、2kmくらいの周回を取るのはけっこう大変そうですね。コースの見所は「BMX常設コース」といわれているあたりでしょうか。

地元レースということで非常に楽しみにしてますが、周りはけっこう冷ややかな反応ですね。一番よく言われてるのはエントリーフィーのことでしょうか。個人的に自転車レース全体でみたときに5,000円という参加費は特別高くは感じないのですが、シクロクロス競技の相場?(という言い方もどうかと思いますけど)的に高価格なことが、市が掲げている「気軽に参加してほしい」というのを阻害してるように感じます。ただでさえシクロクロッサーが少ない群馬県なのに尚更です。今回、レース運営はGPミストラルのスタッフが行うということなんですが、10月以降に同じこの特設会場で行われるGPミストラルのレースは、エントリーフィーが3,500円4,000円(うち500円はJECXスポンサー財源として積み立て)。場所も運営も一緒なんですよ?主催が前橋市ということで手厚いもてなしがあるの?かもしれないですが、レースを楽しみたい参加者からすると疑問でしょうね。結局捨ててしまうような参加賞とか必要ないと思ってる人が殆どだと思うので。ちなみに「シクロクロス界の安くて美味しいファミレス」を掲げる関西シクロクロスは1戦2,500円、10戦一括エントリーは16,000円(1戦あたり1,600円!)で参加できるのです。

ぼくはすでにエントリー済みです。ついに1ヶ月を切りました。今週になって急に秋空に変わってきましたが、暑い暑いサマークロスになりそうですね。


4月末に行われた「Rapha Gentlemen’s Race Kyoto」のオフィシャルムービーが公開されています。フィルムと併せて美しい写真と文章もご覧ください。

ぼくらのチームも数カット登場します。心躍るBGMもさすが。以下、写真はRAPHA公式Flickrから

The Rapha Kyoto Gentlemen's Race 2013

The Rapha Kyoto Gentlemen's Race 2013

The Rapha Kyoto Gentlemen's Race 2013

The Rapha Kyoto Gentlemen's Race 2013

CycleClubのレポートもあります。

自転車生活6年目、一つの分岐点になったと感じる出来事。