先月の野辺山シクロクロスで既にお披露目されていますが、今シーズンはシクロクロス向けのスキンスーツを作ってみました。

地味なカラーリングにしたつもりなのですが、同じ雰囲気のジャージがあまりいないのか、けっこう目立つと複数の方からコメントをいただいてます。

製作はチャンピオンシステムにお願いしました。納期はデータ入稿で1ヶ月半、デザイン起こしからお願いした場合は2ヶ月半くらいでしょうか。今回作ったスキンスーツは1着12,600円なので、レーサージャージの上下を買うよりずいぶん安い。ちなみに届いたのは野辺山シクロクロスの前日でした・・・。

それとスキンスーツとセットでDefeetのソックスもキットに組み込んでいます。実は夏にアメリカ・オレゴン州を旅行したのですが(まだブログ書いてない・・・)、その時にこの発色の良いソックスを見つけてチームキットに採用。国内では来春から販売開始するそうですよ。

ジャージに留まらず、フレームカラーも揃ってます。

Shiztechのシクロクロスバイクは去年の蛍光オレンジを含めて5台。ブルーの新型はワンオフの44mm径ヘッドチューブを基本にチューブセットを変えたり、ディスク仕様にしてみたり、どれも個性的な仕上がりです。

ワタボの乗るShiztechは電動内装仕様。バッテリーもシートチューブ内装型になっています。

NABE君はイギリスCONDORのTERRA-Xをチームカラーに塗り替え蛍光オレンジのShiztechはスペアバイクに。

最近、たくさんの方々にクラブメンバーの写真を撮っていただき、サイクルスポーツメディアへの露出も増え、このブログだけでは情報を追いきれなくなってきました。本当に本当にありがたいことです。CycleClub.jpのfacebookページでも小ネタを流していこうと思っているので、よければフォローしてみてください。


先週末は県北部へパスハンティングへ。夏に内房を走った時のような、シクロクロスで行ける良いコースないかなあと偵察を兼ね四万温泉へ。あいにくみんな予定があったみたいで、イマイと行ってきた。

Passhunters Activity1

天気が悪かったのが残念だけど、ターコイズブルーの四万川ダムはいつ見ても美しい。が、ちょっと水量が少ないみたい。

Passhunters Activity1

メインディッシュの万沢林道へ行ってみたものの「当分の間閉鎖」とのこと。9月末まで閉鎖中との情報を得ていたのだけど、12月27日まで(つまり来春に等しい)に延期されていた。ここは21kmのロングダートが楽しめて、林道好きには有名な1kmの直線ダートもある。天気も良くないし、来年行くことにしよう。

Passhunters Activity1

気を取り直して向かったのは、万沢林道からすぐ近くの秋鹿大影林道。ここは水上から四万温泉に抜ける13kmのグラベル。モーターサイクルで来る人は、この2つの林道はセットらしい。この天気に自転車で走る人は他に見かけなかったけど、10人ほどのモーターサイクリストとすれ違った。

Passhunters Activity1

Passhunters Activity1

紅葉狩りするには少し早かったらしい。あと2週間もすれば真っ赤に色付くだろうね。

Passhunters Activity1

Passhunters Activity1

かなりガレてる箇所もあって、乗用車で走破するの難しいだろうなあ・・・という感じ。イマイはリム打ちでパンク。ぼくはダウンヒル中に太い枝が挟まって前転。あぶねえ・・・。

Passhunters Activity1

ラストは四万温泉でリフレッシュ。30kmくらいしか走ってないのに、心身共にかなりの疲労感。おかげで良いコース取れそうです。紅葉時期にもう一度行きたい。


今週末に迫った「前橋シクロ」を前に、やっとシクロクロス車の整備が終わり、無事シーズンインできそうです。今シーズンのメインは静野さんに造ってもらった新型のShiztechなのですが、昨シーズン使用していたCONDORのシクロクロスも、サブマシン兼通勤快速号として整備しました。

コンポーネントは先代の通勤車に使用していたSRAM RIVALを移植しましたが、少しメインマシンとは趣向を変えてます。

Wolf Tooth Components

先週あたりTwitterのタイムラインで話題になっていたアメリカ「Wolf Tooth Components」というところのフロントシングル用チェーンリングです。SRAMのXX1やX01でも採用されている刃先の長いチェーンリングですね。Wolf Toothの他にもAbsolute Blackからも同様の設計のものが出てます。

昨シーズン走ってみた印象、フロントシングルで十分対応できるコースばかりだったので、チェーン落ちとマシントラブルのリスクが軽減され、さらに軽量化できるこの手の製品はジワジワと普及しそうな気がします。来年はSRAMからもCX用がリリースされるというウワサですし。

R0020922

フロントシングル化に伴って、ダブルタップレバーを分解してシフト機構を抜き取っています。初めてSRAMのシフターを分解しましたが、これ非常にシンプルなつくりですね。10分くらいでバラせました。ぼくの場合は、あらかじめシフターを持ってたのでアレですが、イチから組むならこのチェーンリングとレトロシフトの組み合わせ、すごくクールだと思います。

Wolf Tooth Components

持っていたクランクが130PCDだったので、130PCD×40Tで組みました。なかなかいい感じです。フロントシングルで組んでいる人に聞くと38Tが一般的だそうですが(体調やコースに合わせて38〜42Tの間で選ぶらしい)、130PCD×38Tで組み付けると、設計上チェーンがスパイダーアームに当たってしまうということなので40Tにしました。リアは11-27Tで、通勤車として使うことも加味するとちょうどいいかなと。

R0020913

祝日の月曜日、早速アサヒとシクロクロスの会場へ遊びに行ってみたところ、すでにコーステープが張られて試走できる状態になってました。いよいよシクロクロスシーズンスタートです。


先週末は、満を持して房総半島に遊びに行ってきました。台風5号が直撃コースで進路を取っていたためギリギリまで不安でしたが、当日は雨に降られることも無く、かといって暑すぎるわけでもなく。最高のツーリング日和。

Bousou Cross Touring

今回の旅先案内人は、Cyclowiredの磯部くん。スタート地点の君津は、磯部くんが生まれ育った街だそうで、いわば彼の庭みたいなもんです。ディープな一日になること間違いなしでしょう。

Bousou Cross Touring

群馬からはぼくとアサヒ、ミポリンが参加。急遽、地元君津の岡野さんも合流して5人でのツーリング。約100kmの行程、全員シクロクロス車です。

Bousou Cross Touring

海沿いを走ったりするのかと思いきや、向かうのは房総半島の内陸部。このあたりの地域は、岩という岩が存在せず粘土質の土砂で覆われているそうで、低い山なら迂回路や峠を造らずとも手彫りのトンネルを造ってしまうほうが簡単だとか。↑こんな感じの手造り感あふれる隧道<ずいどう>が至る所にある。しかも殆どが農道や林道として今も使われているようだった。

Bousou Cross Touring

Bousou Cross Touring

触ってみると本当に土で、スコップがあれば簡単に掘れてしまいそう。

Bousou Cross Touring

トンネル内は涼しく、アスファルトで固められたモダンなトンネルと違い音や声が響かない。これがより一層窮屈さを増幅させる。秘密基地を造って遊んでいた頃のワクワク感というか、アドベンチャー感がいい。

Bousou Cross Touring

↑天井がとても低い。軽自動車ならギリギリ通れるらしい。

Bousou Cross Touring

Bousou Cross Touring

ダート区間では、みんな大はしゃぎ。もう少しすると、ヒルが増えて山には入れなくなるみたい。(房総半島はクマがいない代わりに、ヒルがすごいそうだ)

Bousou Cross Touring

トンネルが2段になっている面白いところも。上の穴の右にあるのは、戦時中の防空壕跡。

Bousou Cross Touring

Bousou Cross Touring

とてつもなく大きなトンネル。これ人の手で掘ったんですか?(何のために)

Bousou Cross Touring

Bousou Cross Touring

一日かけて房総の土地、歴史、文化、食などなど総合的に学べるカリキュラム(磯部とは一体何者なのか)。聞けば、今回巡った近辺の道という道は全て網羅し、石碑や記念碑などから道のインフォメーションを引き出し、さらには近くの寺の住職にまで情報提供してもらうという徹底ぶりで、自分の住む街を学んだというから驚きだ。Google Mapを使って線を引き、Wikipediaで上辺だけを知るのとは訳が違う。そしてライドそのものも、パンクや大きなトラブルなく無事に、何より楽しく遊べた。その他の写真はここから

Bousou Cross Touring

夜は新鮮な海の幸をつまみながら、エピックなライドの話を振り返ったのだ。Day2に続く


先週末の土日、シクロクロス東京に参戦してきました。発表では2日で1.3万人の動員ということで活気あふれるレースになりました。一部Flickrから写真をお借りしています。(ichicoblogさん
Kasukabe Vision FILMzさん ありがとうございます!)

_IGP8233

群馬を6時半頃に出発して余裕を持って到着。試走は朝と昼の2回、朝は出展ブース等をまわってゆっくりしてました。シクロクロス会場で見かける顔ぶれがちらほら。こうして会場で再会するのもレースの醍醐味です。

Siztech

@ichicoblogさんともお話することができ、ほどなくして話題に挙がったのがShiztech。

Siztech

正体不明のナゾのフレーム。「あれ何?」という声もちらほら聞こえました。

IMG_8162

お昼になって試走するんですが、砂区間ぜんぜん乗れない。コースの半分くらいは砂って感じで、一気に不安になってきました。

IMG_8176

ぼくとエンドーはC3-2でスタート。エントリーしたのが遅かったため、スタート位置は9列目くらいだったと思います(エントリー順に整列します)。スタートしてすぐに砂区間に入って渋滞が起き、アウトサイドから担いでダッシュ。一気に順位を上げて5位くらいでシングルトラックに侵入できたと思います。

2013 CX Tokyo Day1_109

いけるかな?とほんの少し思いましたが、甘かったです。

IMG_8214

砂区間に入った途端にペースダウンして、タレにタレて最終的に25/47位。体幹が弱く、担ぎに入ると腰にきちゃう。砂場で疲れ切って、アスファルトやダートセクションで踏めずに休んでしまうという悪循環。良くも悪くも自分の問題点が屈辱的なまでにハッキリしたって感じでしょうか。レース前は「スタート位置が後ろすぎ」アピールして言い訳がましくしていましたが、スタートしてみると前に出ることができたし、仮に一番前でスタートしても殆ど同じ結果だったんじゃないでしょうか。くそー!情けねー!

IMG_8260

エンドーも散々な結果だったようです。

IMG_8413

次はアサヒ(ピンクのモモヒキ)が出走の激戦区C2。彼は陸上出身者なのでランは得意分野なのですが、かなり苦しめられていました。

2013 CX Tokyo Day1_248

ピットエリアでファットバイクに乗り換えた方が独走し会場が一時騒然となりましたが、中盤でフロントタイヤのパンクにより失速。仮にカテゴリ2でファットバイクが優勝したら色々な意見が出ていたと思いますが、バイクのレギュレーションが緩いC2、C3レースにとって、今後のレース運営のための良い問題提起になったんじゃないでしょうか。

IMG_8440

レース後、体育座りで放心状態に。結果は18/45位。

2013 CX Tokyo Day1_416

1日目最後のレースは2人1組のエンデューロ。仮装大会になってますが、たまたま通りかかった人や、ランニング中の人などがいつの間にか集まって大きな声援を送ってました。ぼくも疲れた身体にムチ打ってエンデューロにまさかの出走(残念ながら仮装してませんが)。

IMG_8469

フリーザ様がいらっしゃいましたが、ゼッケンが偶然にも「53」ということに何人が気づいただろうか?(私の戦闘力は530,000です。という有名な台詞があるのをドラゴンボール世代なら誰しも知っているだろう)

IMG_8538

シクロワイヤード磯部くんもおニューのIndependent Fabricationで出走。3位入賞!

IMG_8553

この時、NABE君にShiztechを借りて走ってみました。ジオメトリはCondor Terra-Xと同等に造ってあるにも関わらず、ずっとコントロールしやすかったです。

IMG_8569

砂場という初のシチュエーションにコテンパンにされ、軽く呑んで就寝。2日目につづく