今年も野辺山シクロクロスに行ってきました。夢のような2日間から醒めないまま早1週間半が過ぎ、ブログに記すのもぼくが最後尾かもしれませんが、少しまとめます。

DSCF4564

去年は、右も左もわからないままクラブ初のシクロクロスレースとして参戦。それからシクロクロスの楽しさに一気にのめり込んだわけですが、その後の人とのつながりがクラブの活動に多大な影響を与えました。真冬のツンドラカップをはじめ、春・秋のジェントルマンズレース、先日の野辺山テストクロスなどなど、この1年間で4〜5回は野辺山を訪れているし、その他イベントやレースで数えればキリがないほどたくさんの方々とつながることができた。自転車に関して言えば、まだ1年しか経ってなかったの?と思うほどに濃い1年だったなあと。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

会場を見渡すとシクロクロス会場でよく見る顔ぶれや、ブログ・SNSでつながる“中の人”達。同じ会場だけど1年前と全く違った見え方をしてました。クラブの変曲点だと感じた去年と比べ、今年はまるで元日のような、また新しい1年が始まりそうな、そんなレースだったのです。

DSCF4223

20131117_108

ぼくは去年に引き続きC3Aで参加。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年の屁っ放り腰から比べれば、フォームも幾分かマシになったかなと思います。右の人NHKチャリダーの俳優さんですかね。1日目は6/100位(そのうち22人がDNF。殆どの人が泥詰まりでリアディレイラー破損!)。

nobeyama20130201

実はぼくもディレイラー壊しました。去年、どうしても乗れなかった泥区間だったけれど、スイスイ乗れるようになっていた自分の成長が嬉しくて。がむしゃらに乗っていたら2周目で「ん?」と。至急NABE君のバイクを用意してもらって、ピットエリアで交換。仲間がコースのあちこちに散らばって応援してくれていたお陰でレースを続けることができた。急いでピットにバイクを持って来てくれたNABE君が「最後まで走れ!」と言ってくれたことは忘れないぞ!

Nobeyama Cyclocross 2013

2日目は25/119位(泥区間が短縮されDNFは1人のみ)。両日共にほぼ同じ位置(後方スタート)だったのですが、1日目の調子が良かっただけに2日目の結果が悔しくてなりませんでした。1周あたりあと15秒速く走れればC2で勝負できるかな?というレベル。精進します。

Nobeyama Cyclocross 2013

チームテントの設営や撮影など、いろいろサポートしてくれたエンドウ。しっかり2日間走って、1日目の夜は普段飲まないビールも呑んで大満足だった様子。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年に引き続き篠さんも名古屋から参戦。シングルスピード選手権には出ませんでしたが、本業のシングルスピードでマリオやってるみたいです。

Nobeyama Cyclocross 2013

nobeyama20130255

Nobeyama Cyclocross 2013

クラブのシニア部特攻隊長ササキ氏は2日目のC3Bで見事3位。

DSC_0554

20131117_281

大混戦のC2にはアサヒが出走。昨シーズンは「ピンクのももひき」をトレードマークにC2で戦っていましたが、今年は真っピンクのヘルメットが目印です。今シーズンはじめの「まえばしシクロ」ではチップ付け忘れでリザルト残らず、「GPミストラル第2戦」ではタイヤ剥がれでタイムロスなど、すっかりツメの甘いキャラが定着しているわけですが。1日目にやってくれました。

nobeyama20130136

この構図。実は去年の野辺山CXでも1位の山田選手と走って表彰台に昇っている。この1年間で楽しみながらシクロクロスの腕を磨き着実に実力を付けていく姿を間近で見ているから、この表彰台(=C1昇格)は特別嬉しかった。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

そしてしっかりツメの甘いところがアサヒらしい。ゴール後バランスを崩し派手に転倒。嬉しさのあまり泣き崩れてるってことにしときましょう。

Nobeyama Cyclocross 2013

飯山ステージからL1で走り始めたイマイは会場で「ミポリン!ミポリン!」とたくさんの人に声をかけてもらっていた(いつの間にファン増やしたんだ・・・)。Rapha Japan矢野さんのススメで急遽UCI登録を行い、初のUCIカテゴリレースへの出走となった。

nobeyama20130139

Nobeyama Cyclocross 2013

1日目のレース序盤、豊岡選手に続く2位の激走。後半で現全日本チャンプの宮内選手に捉えられるも3位でフィニッシュ。

20131116_166

まるでトップでフィニッシュしたかのような満面の笑み。これには見ていて目頭が熱くなった。レースで勝利を重ねるたびに機材がどうだとか、トレーニングはこれがいいとか悪いとか、全日本選手権のために—とか、色々な声を聞くようになったけれど、イマイの「楽しく走るのが第一」という軸は全くブレてないということを再確認でき、少し安心したのだった。もちろんレースを走るからには真剣勝負、勝利が「目標」ではあるけれど。「クラブの目的」は勝利へのこだわりでも、ショップやブランドのアピールでもなく、各個人が楽しく過ごせるかどうか、その日うまいビールが飲めるか、に尽きます。

20131116_168

20131116_180

それにしても3位はすごいなあと思う。上記2名の大活躍で、1日目は萌木の村ROCKで祝賀会。恐らくこの夜エリート女子参加選手の中で一番ビールを飲んだのはイマイで間違いないだろう。

DSCF5007

2日目はパナソニックレディースから坂口姉妹も参戦し、更なる激闘へ。ここでも5位と大健闘。

DSCF5115

Untitled

最後にUCI ELITE-MenでクラブのエースNABE君が出走。80%ルールで次々と降車させられる中、大ベテラン池本選手とパックに。

Nobeyama Cyclocross 2013

残り3周で足切りとなりましたが、結果は18/65位(うち完走者は16名のみ)。日頃いろいろ機材やメンテナンスでサポートしてくれて、普段あまり練習している素振りは見せない彼ですが、やっぱり努力してるんだなあと考えたらまた目頭が熱くなってしまったのでした。

野辺山からの帰り際に他のシクロクロッサーと交わす挨拶は「また来週!」。これからまた新しい1年がはじまります。今シーズンも全力で楽しみたいと思います!

最後に、ichicoblogさん、Kikuzoさん、Kasukabe Vision FILMzさん、KEI TSUJIさん、写真使わせていただきました!ありがとうございます。