10月末から続いた週末のシクロクロスレース連戦(飯山GPミストラル野辺山2連戦秋ヶ瀬の森バイクロア3)もラスト。信州シクロクロスの上山田に行ってきました(去年の様子はこちら)。

台風の被害で開催が危ぶまれた今大会。無事開催に至って本当によかった。コースは昨年に比べテクニカル区間の難易度が低めになっていた分、人口の泥区間(これがめちゃくちゃ重たかった)など、変化が加えられていました。

SOC_5537

SOC_5430

SOC_5400

C3Aにはぼくと磯部くん(今年はうちのCXワンピを着てくれてます!)、同じ群馬勢でTRCの渋谷さんとHARPから大谷さんが参戦。

信州クロス上山田2013

はじめは5〜6人のパックだったのですが、途中から磯部くん、Galibeer北山さんと3人の激闘に。もう走るのが楽しくて仕方がなかった。なんでしょうこの感じ?その昔、ピストで草レースやっていた時のあの感じに似てるかも。

信州クロス上山田2013

レース中盤、2人のミスでぼくが抜け出し結果は3/35位。連戦で調子が上がってきていたので、ある程度走れている感覚はあったのですが。序盤のパックでは1度も前を引くことができず、牽制して体力を温存するという良くない走り方になってしまっていたなあと。もっと積極的にいかないとです。あと1つ順位を上げれば昇格。というところまで来ましたが、その壁は非常に厚く・高く感じてます。

信州クロス上山田2013

AJOCCカテゴリレースで初表彰台!1位の笹井さん、飯山ナイターでイマイにスペアホイールを貸してくれた恩人じゃないか!

信州クロス上山田2013

C3Bにはナカジマさんが出走!いつも写真ありがとうございます。

信州クロス上山田2013

翌週に全日本選手権を控えるイマイは、同日開催のGPミストラルにもエントリーしていましたが信州クロスに出走。

信州クロス上山田2013

C2と混走のL1は出走1人のため、完走=優勝。1人ビールかけです。

SOC_5546

同じく翌週に全日本選手権を控えているC1の選手たち。

SOC_5576

アサヒはこの日、カテゴリ1のデビュー戦だったのです。同じく野辺山で昇格したTONICの前田さんも。

信州クロス上山田2013

八ヶ岳CCのyuftaくんもC1初戦でした。この3人がいい勝負をするものだから、応援にも力が入るのでした。みんなかっこよかったです!アサヒは-1Lapで18/25位。

シーズンも折り返し地点というところ。ぼくはこれにて今年のレースは全て消化しました。来年は清里かお台場が初レースになるかと思います。今回のレースで火が付いたアサヒは富士山ステージにも行くようです。去年、全日本選手権が行われた「ふもとっぱら」から場所を移した新コースだそうです(行きたい!)。


野辺山シクロクロスの翌週、埼玉県の秋ヶ瀬公園で行われた「秋ヶ瀬の森バイクロア3去年に引き続き参加してきました。自転車に乗る人も乗らない人も、大人から子供まで楽しめる素晴らしいイベント。シクロクロッサー的には、シクロクロスシーズンのボーナスステージ的ステキイベントです。

秋ヶ瀬の森バイクロア3

秋ヶ瀬の森バイクロア3

秋ヶ瀬の森バイクロア3

イベントの様子はTwitterなどでハッシュタグ「#bikelore3」で検索されたし。

秋ヶ瀬の森バイクロア3

ぼくは1日目だけ参加。当日エントリーできるのもこのイベントの良いところ。NABE君、アサヒと3人でチームラリーに出走。cyclowiredで1日目の様子が取り上げられています

秋ヶ瀬の森バイクロア3

夕方に行われたサンセットレースは、ほぼナイトレースと言ってもいい暗さでしたが、幻想的でエントリーしなかったことを後悔しました。来年は必ず出たいです。

DSC_0935

2日目は個人レースが中心。

IMG_1764

IMG_1976

IMG_2496

クラブのみんなが、毎週末レースで張り詰めた緊張をリセットできた模様。

IMG_2677

オウルクラスでキクミミさんとデッドヒートを繰り広げ、巻き糞のコスチュームで話題になったこの人(Twitterでは「うんこさん」という名前で定着しているようです)。子供の希望でこの格好にしたそうですが、会場は大盛り上がり。本人も満足げでした。次はいつ登場するんでしょうか?


今年も野辺山シクロクロスに行ってきました。夢のような2日間から醒めないまま早1週間半が過ぎ、ブログに記すのもぼくが最後尾かもしれませんが、少しまとめます。

DSCF4564

去年は、右も左もわからないままクラブ初のシクロクロスレースとして参戦。それからシクロクロスの楽しさに一気にのめり込んだわけですが、その後の人とのつながりがクラブの活動に多大な影響を与えました。真冬のツンドラカップをはじめ、春・秋のジェントルマンズレース、先日の野辺山テストクロスなどなど、この1年間で4〜5回は野辺山を訪れているし、その他イベントやレースで数えればキリがないほどたくさんの方々とつながることができた。自転車に関して言えば、まだ1年しか経ってなかったの?と思うほどに濃い1年だったなあと。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

会場を見渡すとシクロクロス会場でよく見る顔ぶれや、ブログ・SNSでつながる“中の人”達。同じ会場だけど1年前と全く違った見え方をしてました。クラブの変曲点だと感じた去年と比べ、今年はまるで元日のような、また新しい1年が始まりそうな、そんなレースだったのです。

DSCF4223

20131117_108

ぼくは去年に引き続きC3Aで参加。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年の屁っ放り腰から比べれば、フォームも幾分かマシになったかなと思います。右の人NHKチャリダーの俳優さんですかね。1日目は6/100位(そのうち22人がDNF。殆どの人が泥詰まりでリアディレイラー破損!)。

nobeyama20130201

実はぼくもディレイラー壊しました。去年、どうしても乗れなかった泥区間だったけれど、スイスイ乗れるようになっていた自分の成長が嬉しくて。がむしゃらに乗っていたら2周目で「ん?」と。至急NABE君のバイクを用意してもらって、ピットエリアで交換。仲間がコースのあちこちに散らばって応援してくれていたお陰でレースを続けることができた。急いでピットにバイクを持って来てくれたNABE君が「最後まで走れ!」と言ってくれたことは忘れないぞ!

Nobeyama Cyclocross 2013

2日目は25/119位(泥区間が短縮されDNFは1人のみ)。両日共にほぼ同じ位置(後方スタート)だったのですが、1日目の調子が良かっただけに2日目の結果が悔しくてなりませんでした。1周あたりあと15秒速く走れればC2で勝負できるかな?というレベル。精進します。

Nobeyama Cyclocross 2013

チームテントの設営や撮影など、いろいろサポートしてくれたエンドウ。しっかり2日間走って、1日目の夜は普段飲まないビールも呑んで大満足だった様子。

Nobeyama Cyclocross 2013

去年に引き続き篠さんも名古屋から参戦。シングルスピード選手権には出ませんでしたが、本業のシングルスピードでマリオやってるみたいです。

Nobeyama Cyclocross 2013

nobeyama20130255

Nobeyama Cyclocross 2013

クラブのシニア部特攻隊長ササキ氏は2日目のC3Bで見事3位。

DSC_0554

20131117_281

大混戦のC2にはアサヒが出走。昨シーズンは「ピンクのももひき」をトレードマークにC2で戦っていましたが、今年は真っピンクのヘルメットが目印です。今シーズンはじめの「まえばしシクロ」ではチップ付け忘れでリザルト残らず、「GPミストラル第2戦」ではタイヤ剥がれでタイムロスなど、すっかりツメの甘いキャラが定着しているわけですが。1日目にやってくれました。

nobeyama20130136

この構図。実は去年の野辺山CXでも1位の山田選手と走って表彰台に昇っている。この1年間で楽しみながらシクロクロスの腕を磨き着実に実力を付けていく姿を間近で見ているから、この表彰台(=C1昇格)は特別嬉しかった。

Nobeyama Cyclocross 2013

Nobeyama Cyclocross 2013

そしてしっかりツメの甘いところがアサヒらしい。ゴール後バランスを崩し派手に転倒。嬉しさのあまり泣き崩れてるってことにしときましょう。

Nobeyama Cyclocross 2013

飯山ステージからL1で走り始めたイマイは会場で「ミポリン!ミポリン!」とたくさんの人に声をかけてもらっていた(いつの間にファン増やしたんだ・・・)。Rapha Japan矢野さんのススメで急遽UCI登録を行い、初のUCIカテゴリレースへの出走となった。

nobeyama20130139

Nobeyama Cyclocross 2013

1日目のレース序盤、豊岡選手に続く2位の激走。後半で現全日本チャンプの宮内選手に捉えられるも3位でフィニッシュ。

20131116_166

まるでトップでフィニッシュしたかのような満面の笑み。これには見ていて目頭が熱くなった。レースで勝利を重ねるたびに機材がどうだとか、トレーニングはこれがいいとか悪いとか、全日本選手権のために—とか、色々な声を聞くようになったけれど、イマイの「楽しく走るのが第一」という軸は全くブレてないということを再確認でき、少し安心したのだった。もちろんレースを走るからには真剣勝負、勝利が「目標」ではあるけれど。「クラブの目的」は勝利へのこだわりでも、ショップやブランドのアピールでもなく、各個人が楽しく過ごせるかどうか、その日うまいビールが飲めるか、に尽きます。

20131116_168

20131116_180

それにしても3位はすごいなあと思う。上記2名の大活躍で、1日目は萌木の村ROCKで祝賀会。恐らくこの夜エリート女子参加選手の中で一番ビールを飲んだのはイマイで間違いないだろう。

DSCF5007

2日目はパナソニックレディースから坂口姉妹も参戦し、更なる激闘へ。ここでも5位と大健闘。

DSCF5115

Untitled

最後にUCI ELITE-MenでクラブのエースNABE君が出走。80%ルールで次々と降車させられる中、大ベテラン池本選手とパックに。

Nobeyama Cyclocross 2013

残り3周で足切りとなりましたが、結果は18/65位(うち完走者は16名のみ)。日頃いろいろ機材やメンテナンスでサポートしてくれて、普段あまり練習している素振りは見せない彼ですが、やっぱり努力してるんだなあと考えたらまた目頭が熱くなってしまったのでした。

野辺山からの帰り際に他のシクロクロッサーと交わす挨拶は「また来週!」。これからまた新しい1年がはじまります。今シーズンも全力で楽しみたいと思います!

最後に、ichicoblogさん、Kikuzoさん、Kasukabe Vision FILMzさん、KEI TSUJIさん、写真使わせていただきました!ありがとうございます。


NABEくん主催で月1回のペースで始まった「TC Club Ride」も8回目。ロードシーズン終盤に総仕上げの130kmライドを企画。なんと30人近い参加者が集まりました。初参加の人もいれば最初から参加して着実にレベルアップしている人も。エイドの混雑を避けるために3グループほどに分かれて行ってきました。

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

TC Club Ride October

最高の天気とロケーション。そしてこのライドがローカルネットワークの構築に一役買っているということを実感できた。instagramでもライドの様子を個々で発信してます。

TC Club Ride October


今週末の土曜日に開催される「まえばしシクロ2013」。直前になっても、公式サイトで当日のスケジュールやエントリーリストが公開されないので、応援に行きたくても良くわからなくて困っている人がいるんじゃないかと思います。なので少しまとめます。

==================================================
【大会日程】
7:30〜9:00 参加者受付・試走
9:00〜9:30 開会式
10:00〜10:40 第1レース「マスターズ・レディース」(30名/6名)
11:00〜11:30 第2レース「ビギナー」(56名)
11:30〜12:30 試走
12:30〜12:50 第3レース「エンジョイライド」(6名)
13:10〜13:50 第4レース「エリート・スポーツ」(5名/14名)
13:50〜14:00 閉会式
==================================================

案内状に書いてあったものをそのまま記載してます。エントリー少ないですね・・・。去年参加した関東シクロクロス主催の秩父サイクルフェスティバルは、全体人数でいえばこれより遙かに少なかったのですが「また参加したい」と思えるような素晴らしい運営でした(初のシクロクロスレースだったのと、完全なMTB向きコースで本当に辛かったですけど)。前橋の大会もそう思えるようなイベントになってほしいです。

IMG_0523

コースが気になり、土曜日にNABE君、ミポリンと3人で視察しに行ってきました。

先日の台風の影響で、一時コースが使えなくなる可能性もあったようです。運営の方々の努力が随所に見られ、しっかり走れる状態になっていました。

R0020912

R0020906

さらに祝日の月曜日、コースが出来上がったとの情報を受けアサヒと試走へ。約2kmのコースが仕上がってました。シケインと階段を除けば、ほぼ100%乗車可能なフラットコースです。後半はド平坦な直線区間もあり、ちょうど信州クロス上山田のような印象でした。前のエントリでフロントシングルのことを書いてますが、前は1枚でもOK、SSCX(シングルスピードシクロクロス)で走っても楽しいと思います。

こんな風にフワッといきたいもんです。

R0020909

せっかくの地元開催ということですが、参加者のうち群馬県のシクロクロッサーは1/3も満たないんじゃないかな?県外からお越しになる方々には、ぜひ楽しんでいって欲しいと思います。ほんの少しだけ観光情報載せます。

==================================================
【温泉】
これは群馬に来たら基本ですね。レースバッグの中にお風呂セットをお忘れなく!会場からだと、伊香保温泉まで車で約40分て感じでしょうか。高速道路を利用される方は、前橋IC近くの「天神の湯」がおすすめです。ぼくは伊香保まで行かず、ここで満足してます。会場から一番近いお風呂(温泉)は、前橋駅前の「ゆ〜ゆ」ですかね。他にも温泉なら腐るほどあります!

【グルメ】
会場でも出店があるみたいですが「登利平」の鳥めしは、こちらのスタンダードなお弁当です。運動会など特別な行事に配られ、子供の頃から「弁当といえば登利平」というイメージを植え付けられて育ちます。もし食べたことがなければ、食べてみるのも良いかと。有名なだるま弁当峠の釜飯は、そこまで一般的に食べるものではないです。
それと、ソウルフード的なものとして「焼きまんじゅう」があります。会場のすぐ近くに「原島屋総本家」という元祖焼きまんじゅう屋があり、15時までならイートインできます。店内では「ぷっすま」のロケ隊が訪れた時のVHS(今にもテープが千切れそうな画質!)がループ再生されてます。

こんな感じの食べ物です。けっこう美味いですよ。他のグルメに関しては、様々な情報ソースを活用すればいくらでも良いお店が見つかると思いますので、探してみてください。豚肉を使った料理や、そば・うどんが美味い傾向ですね。

【自転車店】
会場近くの自転車店のみ紹介します。時間があったら行ってみてください。

==================================================

他に何か「いい場所ない?」ってのがあったら、Twitterなり大会当日直接お声がけください。お待ちしております!