【追記】磯部くんが今回の動画を撮影・編集してくれてます。

ゴールデンウィーク後半は、群馬を飛び出して房総半島へ。去年に引き続き磯部プレゼンツ房総クロスツーリングです。(去年の記事はこちら)

Uchibo Ride 2014 Summer

川崎駅でワタボをピックして、アクアライン渋滞にハマりつつ君津に到着。今回、CycleClub.jpチームメンバーに加え、TONIC CX Team Japanからピナさんも参加。

Uchibo Ride 2014 Summer

今回は、房総半島の南方面を中心に巡ってきました。知らない土地を走るのは本当にワクワクしますね。表現するなら、↑このように20代女性でも木に登ってしまうほどです。

Uchibo Ride 2014 Summer

数km走ったところで道が!どうやら冬の大雪で道がふさがってしまったみたいです。

Uchibo Ride 2014 Summer

気にせずルート通りいきます。

Uchibo Ride 2014 Summer

前日、耐久レースを走っていたワタボ。久々のグラベルに戸惑いつつも、だんだん感覚を取り戻していました。

Uchibo Ride 2014 Summer

全行程の半分以上が林道、かなり長めのグラベルもありました。ぼくとピナさんはシクロクロスタイヤでしたが、ロードタイヤだった他のメンバーはかなり走りにくそうでした。

Uchibo Ride 2014 Summer

崖っぷちや

Uchibo Ride 2014 Summer

ロープを伝って下るところや

Uchibo Ride 2014 Summer

崖崩れしてるところや

Uchibo Ride 2014 Summer

Uchibo Ride 2014 Summer

内房名物の隧道まで。多彩?なアトラクションで終始笑いが絶えなかった(声枯れました)。

Uchibo Ride 2014 Summer

Uchibo Ride 2014 Summer

パンクのたびに談笑しつつ修理(パンクは合計5回だったかな?)

Uchibo Ride 2014 Summer

終盤で海岸へ抜ける演出も素晴らしかったです。何度も言いますが、海無し県の群馬県民は海が見れるだけでも嬉しいんです!今回も大満足だった房総半島。また冬あたり、今度は美味い魚とセットで走りに行きたいです。

この日、別に揃えたわけじゃないんですが、なぜかみんなThe Athleticのポートランド空港のカーペットをモチーフにしたソックスで揃ってました。そういう感じ、好きです。


先週末、20年に一度と言われる降雪の中、NABE君と成田空港に向かってました。香川県で行われるAJOCCカテゴリレース「さぬきシクロクロス」に出走するためです。

出発前の前橋。この積雪量は群馬県の平野部じゃ異常です。午前中はいつもの道が極上のスノートレイルに。

羽田便は全て欠航。成田便はまだ生きていたので、とりあえずは向かってみようと出発したものの、埼玉県と千葉県で吹雪・スリップ事故多発の凄まじい光景でした。

無事、成田空港に到着したのですが、チェックインカウンターで待っている時に聞こえたのは「欠航」のアナウンス。崩れ落ちましたね。

ちなみに今回、初めてLCCの国内線を利用する予定でした。ジェットスターで成田⇔関空のチケットを手配したのですが、往復約12,000円という驚きの安さです(もっと早く予定が組めれば往復10,000円で手配できました)。加えてLCCでは、基本的に預け荷物が有料なので自転車輪行の際は重量に応じたアップチャージが加算されます。これもチケットを手配する段階で支払っておくと割引になります。今回は、「25kgの荷物を1つ」で1,700円(往復3,400円)のアップチャージを支払い。25kgあれば自転車2台分とシューズ、ヘルメット等をまとめられます。あとの荷物は10kgに納めて機内持ち込み(無料)します。

高崎から成田空港までの高速料金が往復8,000円、空港の駐車場代が2日で4,000円、ガソリン代が6,000円とすると、1人あたり約23,000円ほどでしょうか。大人数であればもっと割安になります。空港までのアクセスが最悪なので時間に余裕を持つ必要がありますが、日本各地に便が出ているので今後利用する機会が増えると思います。

成田空港から脱出して、シクロクロス東京のために東京へ来ているクラブメンバーの元へ向かおうとしますが、あまりの悪天候で東関東道を時速25km/hで進んでいるような状況。しかもホテルはどこも空いておらず、あきらめて夜通しで群馬に戻り積もった新雪でスノークロスしてました。

くたくたになるまで雪で遊んで、温泉に入って帰りました。これはこれで良し。

東京の方も盛り上がっていたようです。

それと、週明けに関西の先輩方から「讃岐うどん」が送られてきました!キャンセルになった航空券のバウチャーがあるので、近く遊びにいきます!ありがとうございました。

さて、今週末も大雪の予報が出ています。シクロクロスをお持ちの方は、防寒対策をしっかりして、是非外へ出てみてください。普段味わえない楽しさですし、雪上であれば転んでも痛くないのです!さらに雪で自転車が磨かれて、遊んだ後にピカピカになるという副産物も付いてきます。遊びましょう。


1ヶ月半ほどブログ休んでました。2009年にtklogを始めて1ヶ月以上穴を開けるということは今まで無かったのですが、少し思うこともあり。が半分と忙しさが半分。これが2014年初エントリーですね。遅くなりましたが今年もよろしくおねがいします。

さて、例年であれば年末年始は少し羽を伸ばしてフランスやらイタリアやらで散財してくるのが定番コースになってましたが、今年は群馬でゆっくりしていました。レースも信州クロス上山田で走り納め。恒例のRapha Festive 500も達成できませんでしたが、仲間と中身の濃いライドができました。

年越しは新前橋に新しく出来た「baru Publo」でクラブのメンバーと。

Publoのオーナーの西ちゃんとは15歳からの付き合いで、親友と呼べる仲なのですが、出会ったのも新前橋。ぼくの人生においても新前橋というのはひとつのキーワードといえる場所なのです。車がないと不便で仕方が無い群馬県。飲み屋にはそれを差し置いても呑みに行きたいと思わせる店づくりが求められるわけですが。まずそれは満たしていると言えるでしょう。いいお店です。

クラブの他のメンバーは、今年に入ってすでにシクロクロスレースに出ていて、先日の湘南ベルマーレシクロクロスでは今井が優勝してます。

そういえばNHKチャリダー★でメンバーがエンディングムービーに出演したり、新年早々良きスタートを感じています。

しばらく書かないと何書いたらいいのかよくわからなくなりますね。今年もこれまで通りこのtklogやTwitterInstagramに加えて、CycleClub.jpの情報はFacebookページで発信していきます。


10月末から続いた週末のシクロクロスレース連戦(飯山GPミストラル野辺山2連戦秋ヶ瀬の森バイクロア3)もラスト。信州シクロクロスの上山田に行ってきました(去年の様子はこちら)。

台風の被害で開催が危ぶまれた今大会。無事開催に至って本当によかった。コースは昨年に比べテクニカル区間の難易度が低めになっていた分、人口の泥区間(これがめちゃくちゃ重たかった)など、変化が加えられていました。

SOC_5537

SOC_5430

SOC_5400

C3Aにはぼくと磯部くん(今年はうちのCXワンピを着てくれてます!)、同じ群馬勢でTRCの渋谷さんとHARPから大谷さんが参戦。

信州クロス上山田2013

はじめは5〜6人のパックだったのですが、途中から磯部くん、Galibeer北山さんと3人の激闘に。もう走るのが楽しくて仕方がなかった。なんでしょうこの感じ?その昔、ピストで草レースやっていた時のあの感じに似てるかも。

信州クロス上山田2013

レース中盤、2人のミスでぼくが抜け出し結果は3/35位。連戦で調子が上がってきていたので、ある程度走れている感覚はあったのですが。序盤のパックでは1度も前を引くことができず、牽制して体力を温存するという良くない走り方になってしまっていたなあと。もっと積極的にいかないとです。あと1つ順位を上げれば昇格。というところまで来ましたが、その壁は非常に厚く・高く感じてます。

信州クロス上山田2013

AJOCCカテゴリレースで初表彰台!1位の笹井さん、飯山ナイターでイマイにスペアホイールを貸してくれた恩人じゃないか!

信州クロス上山田2013

C3Bにはナカジマさんが出走!いつも写真ありがとうございます。

信州クロス上山田2013

翌週に全日本選手権を控えるイマイは、同日開催のGPミストラルにもエントリーしていましたが信州クロスに出走。

信州クロス上山田2013

C2と混走のL1は出走1人のため、完走=優勝。1人ビールかけです。

SOC_5546

同じく翌週に全日本選手権を控えているC1の選手たち。

SOC_5576

アサヒはこの日、カテゴリ1のデビュー戦だったのです。同じく野辺山で昇格したTONICの前田さんも。

信州クロス上山田2013

八ヶ岳CCのyuftaくんもC1初戦でした。この3人がいい勝負をするものだから、応援にも力が入るのでした。みんなかっこよかったです!アサヒは-1Lapで18/25位。

シーズンも折り返し地点というところ。ぼくはこれにて今年のレースは全て消化しました。来年は清里かお台場が初レースになるかと思います。今回のレースで火が付いたアサヒは富士山ステージにも行くようです。去年、全日本選手権が行われた「ふもとっぱら」から場所を移した新コースだそうです(行きたい!)。


野辺山シクロクロスの翌週、埼玉県の秋ヶ瀬公園で行われた「秋ヶ瀬の森バイクロア3去年に引き続き参加してきました。自転車に乗る人も乗らない人も、大人から子供まで楽しめる素晴らしいイベント。シクロクロッサー的には、シクロクロスシーズンのボーナスステージ的ステキイベントです。

秋ヶ瀬の森バイクロア3

秋ヶ瀬の森バイクロア3

秋ヶ瀬の森バイクロア3

イベントの様子はTwitterなどでハッシュタグ「#bikelore3」で検索されたし。

秋ヶ瀬の森バイクロア3

ぼくは1日目だけ参加。当日エントリーできるのもこのイベントの良いところ。NABE君、アサヒと3人でチームラリーに出走。cyclowiredで1日目の様子が取り上げられています

秋ヶ瀬の森バイクロア3

夕方に行われたサンセットレースは、ほぼナイトレースと言ってもいい暗さでしたが、幻想的でエントリーしなかったことを後悔しました。来年は必ず出たいです。

DSC_0935

2日目は個人レースが中心。

IMG_1764

IMG_1976

IMG_2496

クラブのみんなが、毎週末レースで張り詰めた緊張をリセットできた模様。

IMG_2677

オウルクラスでキクミミさんとデッドヒートを繰り広げ、巻き糞のコスチュームで話題になったこの人(Twitterでは「うんこさん」という名前で定着しているようです)。子供の希望でこの格好にしたそうですが、会場は大盛り上がり。本人も満足げでした。次はいつ登場するんでしょうか?