先月の野辺山シクロクロスで既にお披露目されていますが、今シーズンはシクロクロス向けのスキンスーツを作ってみました。

地味なカラーリングにしたつもりなのですが、同じ雰囲気のジャージがあまりいないのか、けっこう目立つと複数の方からコメントをいただいてます。

製作はチャンピオンシステムにお願いしました。納期はデータ入稿で1ヶ月半、デザイン起こしからお願いした場合は2ヶ月半くらいでしょうか。今回作ったスキンスーツは1着12,600円なので、レーサージャージの上下を買うよりずいぶん安い。ちなみに届いたのは野辺山シクロクロスの前日でした・・・。

それとスキンスーツとセットでDefeetのソックスもキットに組み込んでいます。実は夏にアメリカ・オレゴン州を旅行したのですが(まだブログ書いてない・・・)、その時にこの発色の良いソックスを見つけてチームキットに採用。国内では来春から販売開始するそうですよ。

ジャージに留まらず、フレームカラーも揃ってます。

Shiztechのシクロクロスバイクは去年の蛍光オレンジを含めて5台。ブルーの新型はワンオフの44mm径ヘッドチューブを基本にチューブセットを変えたり、ディスク仕様にしてみたり、どれも個性的な仕上がりです。

ワタボの乗るShiztechは電動内装仕様。バッテリーもシートチューブ内装型になっています。

NABE君はイギリスCONDORのTERRA-Xをチームカラーに塗り替え蛍光オレンジのShiztechはスペアバイクに。

最近、たくさんの方々にクラブメンバーの写真を撮っていただき、サイクルスポーツメディアへの露出も増え、このブログだけでは情報を追いきれなくなってきました。本当に本当にありがたいことです。CycleClub.jpのfacebookページでも小ネタを流していこうと思っているので、よければフォローしてみてください。


今週末に迫った「前橋シクロ」を前に、やっとシクロクロス車の整備が終わり、無事シーズンインできそうです。今シーズンのメインは静野さんに造ってもらった新型のShiztechなのですが、昨シーズン使用していたCONDORのシクロクロスも、サブマシン兼通勤快速号として整備しました。

コンポーネントは先代の通勤車に使用していたSRAM RIVALを移植しましたが、少しメインマシンとは趣向を変えてます。

Wolf Tooth Components

先週あたりTwitterのタイムラインで話題になっていたアメリカ「Wolf Tooth Components」というところのフロントシングル用チェーンリングです。SRAMのXX1やX01でも採用されている刃先の長いチェーンリングですね。Wolf Toothの他にもAbsolute Blackからも同様の設計のものが出てます。

昨シーズン走ってみた印象、フロントシングルで十分対応できるコースばかりだったので、チェーン落ちとマシントラブルのリスクが軽減され、さらに軽量化できるこの手の製品はジワジワと普及しそうな気がします。来年はSRAMからもCX用がリリースされるというウワサですし。

R0020922

フロントシングル化に伴って、ダブルタップレバーを分解してシフト機構を抜き取っています。初めてSRAMのシフターを分解しましたが、これ非常にシンプルなつくりですね。10分くらいでバラせました。ぼくの場合は、あらかじめシフターを持ってたのでアレですが、イチから組むならこのチェーンリングとレトロシフトの組み合わせ、すごくクールだと思います。

Wolf Tooth Components

持っていたクランクが130PCDだったので、130PCD×40Tで組みました。なかなかいい感じです。フロントシングルで組んでいる人に聞くと38Tが一般的だそうですが(体調やコースに合わせて38〜42Tの間で選ぶらしい)、130PCD×38Tで組み付けると、設計上チェーンがスパイダーアームに当たってしまうということなので40Tにしました。リアは11-27Tで、通勤車として使うことも加味するとちょうどいいかなと。

R0020913

祝日の月曜日、早速アサヒとシクロクロスの会場へ遊びに行ってみたところ、すでにコーステープが張られて試走できる状態になってました。いよいよシクロクロスシーズンスタートです。


今月末に「前橋シクロ」が控えてますが、それはさておき。シーズン始めに位置付けている「野辺山シクロクロス」のエントリーがついに始まりました。今年はUCIレースが2日間で、Rapha Supercross Seriesの一戦として開催されるようです。ぼくも去年初参加しましたが、走って楽しいのはもちろん、イベントとしてのクオリティも他のレースと比べて格別のものでした。すでに土日2連戦でエントリー済みです。都合の付く方は、是非土日参戦を!

Shiztech Cyclocross

話は変わって、先日静野さんのところへ行ったら、今期ぼくが乗るシクロクロスフレームが出来上がってました。Columbus LIFEのMTB用チューブとワンオフの44mm径ヘッドチューブを使用した丈夫なフレームに仕上がってます。

Shiztech Cyclocross

あとは塗装して組み付けです。

Shiztech Cyclocross

静野さんはさらに製作スピードアップ。これから野辺山CXまでにアサヒとワタボのクロスを仕上げる予定です。今年のクロスは、まさに「Shiztech CX Test Team」ですね。

Shiztech Cyclocross

↑写真はコロンバスの新作チューブ。1-1/8 to 1.5″のテーパードフォーク用、テーパードヘッドチューブです。ここ最近のコロンバスはスチールパイプに力を入れていますね。早速試してみる静野さんの姿勢、さすがです。ぼくらも見習わなければいけません。


最近、プロ仕様のジグを導入したシズノ氏。フレーム製作スピードがアップして、新しい取り組みを模索中のようです。ぼくも1枚噛ませてもらって、今シーズン乗るシクロクロスバイクをお願いしてます。

「RAIZIN × Shiztech × バッキーチューブ」製の44mm径ヘッドチューブ。44mm径のHTはParagon Machine Worksのものが有名ですね。テーパードコラムの使用を前提にした大径ヘッドチューブは、この1年でシクロクロス界隈にも一気に普及してきました。せっかく自由にフレームを設計できる機会なので、44mmHTにENVE Cross ForkChris King inset7の組み合わせを試してみようと思います。

Tonic Fabrication Magnum CX Japan Team Edition

TONIC fabricationのCXチームバイクや

*REW10 WORKS* cx complete bike

Rew10 Works製、Blue Lug MAXさんのバイクなど、昨シーズンの国内CXレースでも目立っていたと思います。

週末、工房に伺ったところ前三角まで完成してました。チュービングはColumbusのLIFEを使ってます。

話は変わって、ぼくが高校生の頃から世話になってるAVさんもフレームづくりのために動いてます。現在ワンオフのフレームジグを製作中。それが出来上がるまでのツナギにJiggernautというガレージフレームビルダー向けの簡易ジグキットを導入してます。KICK STARTERでも目標額の5倍以上の資金調達を達成しており、精度がアレだったり熱加えられないんじゃないの?とか諸々の問題はありますが、手軽に始めるには良いキットですよね。日本でこれ使ってる人他にいますか?

RAIZIN Worksの兄弟子Shiztechがピュアレーサー寄りのフレーム造りなのに比べ、弟弟子のAVさんがどんな展開をしていくのか楽しみです。


やっと暖かくなってきて、北に乗りに行けるようになってきました。少し標高が上がると桜が見頃になっていていい感じです。そういえば今年は桜をまともに見てなかった。

_0020144

今週末のライドからヘルメットを新調。

Giro Air Attack

去年からプロレースで良く見かけるようになったGiroの「Air Attack」。穴をたくさん開けて通気性を良くするヘルメットから、エアロ効果を意識しつつも空気を効率良く取り入れて逃がすという方向へシフト。自転車のトレンドは年単位で本当にめまぐるしく変わるので、近日中に他のブランドからもこういったコンセプトのモノが出てくるんじゃないでしょうか?「実際見るとイイっすね」って人が半分、「それTT用ですか?」が3割、「プロが最近かぶってますよね〜」が2割、「豆みたい」がわずか。って感じです。

Giro Air Attack

まだ2日しか使ってませんが、すごく軽く自分の頭にも合っててポイント高いですね。逆に言うと、去年使ってたLAZERってあまり合ってなかったのかな?という感じ。後頭部のシルエットがスッキリしてるので首筋に風が行き渡って非常に涼しく感じますね。ただ、風があまり流れないヒルクライムのシーンでは、あからさまに暑い!これはどうしようもないというか、自分が速く走るしかないです。プロの登るスピードなら関係ないってことなのかな。

Rear End is end

そういえば先週、アサヒのカーボンフレームのリアエンドが割れるというトラブルがありました。ケガが無かったのは本当に良かったのですが、最近まわりで交通事故の話をよく聞くので気を付けないとです。

_0020139