【追記】磯部くんが今回の動画を撮影・編集してくれてます。

ゴールデンウィーク後半は、群馬を飛び出して房総半島へ。去年に引き続き磯部プレゼンツ房総クロスツーリングです。(去年の記事はこちら)

Uchibo Ride 2014 Summer

川崎駅でワタボをピックして、アクアライン渋滞にハマりつつ君津に到着。今回、CycleClub.jpチームメンバーに加え、TONIC CX Team Japanからピナさんも参加。

Uchibo Ride 2014 Summer

今回は、房総半島の南方面を中心に巡ってきました。知らない土地を走るのは本当にワクワクしますね。表現するなら、↑このように20代女性でも木に登ってしまうほどです。

Uchibo Ride 2014 Summer

数km走ったところで道が!どうやら冬の大雪で道がふさがってしまったみたいです。

Uchibo Ride 2014 Summer

気にせずルート通りいきます。

Uchibo Ride 2014 Summer

前日、耐久レースを走っていたワタボ。久々のグラベルに戸惑いつつも、だんだん感覚を取り戻していました。

Uchibo Ride 2014 Summer

全行程の半分以上が林道、かなり長めのグラベルもありました。ぼくとピナさんはシクロクロスタイヤでしたが、ロードタイヤだった他のメンバーはかなり走りにくそうでした。

Uchibo Ride 2014 Summer

崖っぷちや

Uchibo Ride 2014 Summer

ロープを伝って下るところや

Uchibo Ride 2014 Summer

崖崩れしてるところや

Uchibo Ride 2014 Summer

Uchibo Ride 2014 Summer

内房名物の隧道まで。多彩?なアトラクションで終始笑いが絶えなかった(声枯れました)。

Uchibo Ride 2014 Summer

Uchibo Ride 2014 Summer

パンクのたびに談笑しつつ修理(パンクは合計5回だったかな?)

Uchibo Ride 2014 Summer

終盤で海岸へ抜ける演出も素晴らしかったです。何度も言いますが、海無し県の群馬県民は海が見れるだけでも嬉しいんです!今回も大満足だった房総半島。また冬あたり、今度は美味い魚とセットで走りに行きたいです。

この日、別に揃えたわけじゃないんですが、なぜかみんなThe Athleticのポートランド空港のカーペットをモチーフにしたソックスで揃ってました。そういう感じ、好きです。


ゴールデンウィーク前半は「フロム富岡の元気印」ことミポリンのアテンドで西毛地区(富岡、下仁田、甘楽周辺)の山々を巡ってきました。富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産登録に向けて動き出した非常にタイムリーな場所ですね。

TOMIOKA Ride

これまで県内を色々巡ってきましたが、実は富岡周辺の地域はノーマークでした。なかなか自転車で来る機会が少ないエリアを地元民に紹介してもらおうという企画です。

TOMIOKA Ride

まずは妙義山が一望できるプライベート感たっぷりな林道から。このあたりは林業が盛んなため作業林道がたくさんあり、舗装化されていない場所も多いようです。

TOMIOKA Ride

TOMIOKA Ride

Rapha Gentlemen’s Race以降、グラベルを見つける度にロードレーサーでもお構い無しで入っていくようになり、もうずいぶんと感覚が麻痺してるんだろうなあと思うことがあります。ガレた場所には、”それ用”の自転車で行けよという話なんですが、これはこれで違った楽しさがあるんです。

TOMIOKA Ride

素晴らしいシングルトラックと偶然の出会い。

TOMIOKA Ride

TOMIOKA Ride

コース全行程のほとんどが林道だったのですが、町から3kmくらいの場所ばかり。急なアクシデントにも対応しやすいし、ちょっと補給しに町へ戻る。といったことも容易なわけです。要するに山に囲まれた田舎だってことです(もちろん羨ましい!という意味ですよ!)。

TOMIOKA Ride

ここも偶然見つけた開発途上の作業林道。本当に素晴らしいロケーションだったのですが、行き止まり。ずっとこんな道が続いて欲しかったなあ。

今回行ったのは富岡を中心とした山々のごく一部。さらに上野村・南牧村方面の未開の山々もあり、探求しがいがありそう。自転車に乗り始めて6年くらい経ちますが、県内ですら知らないところだらけという事実。今年はたくさん冒険したいと改めて思ったライドであった。今井アンバサダーおつかれさま!