CycleClub.jp CX Teamkit


先月の野辺山シクロクロスで既にお披露目されていますが、今シーズンはシクロクロス向けのスキンスーツを作ってみました。

地味なカラーリングにしたつもりなのですが、同じ雰囲気のジャージがあまりいないのか、けっこう目立つと複数の方からコメントをいただいてます。

製作はチャンピオンシステムにお願いしました。納期はデータ入稿で1ヶ月半、デザイン起こしからお願いした場合は2ヶ月半くらいでしょうか。今回作ったスキンスーツは1着12,600円なので、レーサージャージの上下を買うよりずいぶん安い。ちなみに届いたのは野辺山シクロクロスの前日でした・・・。

それとスキンスーツとセットでDefeetのソックスもキットに組み込んでいます。実は夏にアメリカ・オレゴン州を旅行したのですが(まだブログ書いてない・・・)、その時にこの発色の良いソックスを見つけてチームキットに採用。国内では来春から販売開始するそうですよ。

ジャージに留まらず、フレームカラーも揃ってます。

Shiztechのシクロクロスバイクは去年の蛍光オレンジを含めて5台。ブルーの新型はワンオフの44mm径ヘッドチューブを基本にチューブセットを変えたり、ディスク仕様にしてみたり、どれも個性的な仕上がりです。

ワタボの乗るShiztechは電動内装仕様。バッテリーもシートチューブ内装型になっています。

NABE君はイギリスCONDORのTERRA-Xをチームカラーに塗り替え蛍光オレンジのShiztechはスペアバイクに。

最近、たくさんの方々にクラブメンバーの写真を撮っていただき、サイクルスポーツメディアへの露出も増え、このブログだけでは情報を追いきれなくなってきました。本当に本当にありがたいことです。CycleClub.jpのfacebookページでも小ネタを流していこうと思っているので、よければフォローしてみてください。

Similar Posts: