野辺山テストクロス 参戦記


最近サボり癖がついてしまって消化できない記事がたくさんあるのですが、少しずつ書いていこうと思います。2週間後に迫った「野辺山シクロクロスレース」。同じ野辺山高原で(すでに1ヶ月ほど前の話ですが)、「野辺山テストクロス」が開催されました。

Nobeyama Test Cross

CycleClubからは、ぼくとミポが参加。ちょうど前日に「まえばしシクロ2013」に参加し、シクロクロスシーズンスタートといったところ。

Nobeyama Test Cross

テストクロスの舞台はアップダウンに富んだ野辺山スキー場の跡地。

1周1kmほどのショートコースですが、約5mのドロップオフなどもあり楽しめるコースレイアウト。

Nobeyama Test Cross

天気にも恵まれ、八ヶ岳を背景に贅沢なロケーション。C1のレースでは、国内シクロクロスシーンのトップレーサー達が集結。豪華な顔ぶれでした。毎度のことながらシクロクロッサーのフットワークの軽さには驚かされます。レース前後ではライバル同士が和気藹々と。でもレースはしっかりこなす。みんな本当に楽しそうなのがいいですよね。

Nobeyama Test Cross

この日のイマイは絶好調。負傷中にも関わらずしっかり2レース走ったTONIC CX TEAMのピナさんと激闘してました。

今年はレース出走数を増やして飛躍の年にしたいとのこと。女子シクロクロスシーンを盛り上げてほしいです。

ぼくはというと、午前の第1ヒート序盤でガラス片が刺さりチューブラータイヤパンク。予備のホイールを持ち合わせておらずレース終了という、なんとまあ・・・な結果。予備ホイール持ってきておくんだった。

まさにこの通りに。走る度にコースが掘れてガラス片が大量に浮き出てきました。午後の第2ヒート前にガラス拾いも。

新しいコースの開拓と、野辺山シクロクロスで新しく導入されるICチップのテストを兼ねた今回のレース。Rapha Japanの矢野さんからは、今後この広大な土地を利用したMTBコースの計画や、今くらいの時期にここでシクロクロスレースを開催し、滝沢牧場での野辺山CXは、もっと寒い時期にシフトしたらどうか といった話も聴けました。そういえば今年に入ってすでに4〜5回ほど八ヶ岳に行ってますが、今後も行く機会が増えると思うとわくわくするなあ。(群馬からだと、東京に行くよりアクセスしやすいんです)

IMG_0793

パンクしたチューブラータイヤは去年からの持ち越しでシーラントも劣化していたし、どっちにしろ交換しようと思っていたので、今年はChallengeの「Grifo33 Team Edition」にしてみます。今回のパンクで今シーズンの厄払いしたと考えよう!ところでこのタイヤ、すごくいいです。

Similar Posts:

コメント