第2回 野辺山ツンドラカップ 参戦記


野辺山シクロクロス」の運営で突発的に始まった「野辺山ツンドラカップ」。先週末に第2回が開催されました。「グラスルーツの中のグラスルーツレース」、「新感覚のインディ・スノーシクロクロスの世界」と聞いて行かないわけにはいかないでしょう!(一部Photo by yufta on Flickr)

IMGP7829

6時半くらいに群馬を出発して、野辺山駅周辺に着いたのが8時半。群馬は海へのアプローチに弱いですが、都心や山間部へのアクセスはいいんです。前日にレースが決まっても「どうせ朝イチでクロス乗るわけだし、行っちゃおうか」とフットワーク軽く動けます。10時エントリ開始のため、しばし休憩。ちょっと早く着きすぎましたね。晴れの予報でしたが「今期最大の寒波」がやってくるということで、すでに雲行き怪しかったです。

_IGP7815

スノーコンディションでクロスに乗るの初めて。ダラダラと準備しつつ試走。この時点で氷点下10度くらい。

_IGP7835

雪質はサラッとしてて走りやすいと思います。ただ風でかなり雪が飛んでしまったようで、アイスバーンが露出してる箇所が多かったです(落車するとアスファルト並みに痛い)。今年はビーンブーツ大活躍してます。

IMG_7847

この日の参加者は20人ほど。公式な告知があったのが開催の2日前。SNSとブログのみの告知にも関わらず、八ヶ岳のふもとにこれだけのレーサーが集う。すごいぞ。(翌日には湘南ベルマーレ主催のシクロクロスレースがあったために、来たくても来れなかった人もいるだろう)

IMG_7938

カウベルでけえ!野辺山シクロクロスC1の優勝トロフィーとのこと。

DSC_1017

まずはサーキットを使った個人タイムトライアル(逆回りも)。そういえば来週アメリカ・ルイヴィル開催のシクロクロス世界選手権ジュニア男子に出場する山田くんも来てました。当然ですが、速かったです。というか上手い。

IMG_7928

※ミポリンこの後、あまりの寒さに体調を崩してダウン

IMG_7921

個人TTの後は、タイム計測無しのラインレース。かなり盛り上がります。

DSC_0052

少し休憩した後、即席のオーバルコースを使ったスノークリテリウム。みんなが試走することで圧雪されコースが出来上がるというグラスルーツイベントらしいユルさ。レースといっても超和やかな雰囲気で、初心者の方でも存分に楽しめると思います。

DSC_0065

IMG_8119

DSC_0047

クリテが始まる時には、いつの間にか雪が降っててすごいコンディションになってきました。「何やってるのこの人たち」って感じでしょ?

DSC_0084

アイウェアは冬に入ってからずっとRadar XL愛用中です。スキーゴーグルのように視界が広くて、なんか暖かいんですよね。現行のRadarlock XLとはレンズの互換性が無いっぽいので、型落ちした違う色のレンズ安く流れてこないかなあ。

2nd Nobeyama Tundra Cup

そんなわけで、大満足だったツンドラカップ。自転車に限らず、グラスルーツ(草の根)イベントは各地で行われていると思いますが、開催するには多くのエネルギーやイベントのノウハウも必要ですし、「何のために行っていて目的や目標は何なのか」が明確になっておらず単なる自己満足や仲間内のお遊びで終わってしまうケースも少なくないと思います。まだ2回目にも関わらず、このように素晴らしい体験を提供するツンドラカップもとい野辺山CXチームすごいぞ・・・。これから回を重ね参加するみんながイベントを育てることで、どんどん面白くなっていくこと間違いなしです。また開催されたら朝練に行くノリで参加しますよ!

_IGP8198

そういえば参加賞でRapha x Pedrosのタイヤレバーいただきました。Rapha Cycle Club Osakaのノベルティグッズとして配布されたものだそうです。

Similar Posts:

コメント

  1. […] 先週末は、まだ雪の残る八ヶ岳へ。ツンドラカップで来た時、その前の野辺山シクロクロスで来た時のそれとまた違った表情を見せてくれた八ヶ岳。 […]

  2. […] 去年は、右も左もわからないままクラブ初のシクロクロスレースとして参戦。それからシクロクロスの楽しさに一気にのめり込んだわけですが、その後の人とのつながりがクラブの活動に多大な影響を与えました。真冬のツンドラカップをはじめ、春・秋のジェントルマンズレース、先日の野辺山テストクロスなどなど、この1年間で4〜5回は野辺山を訪れているし、その他イベントやレースで数えればキリがないほどたくさんの方々とつながることができた。自転車に関して言えば、まだ1年しか経ってなかったの?と思うほどに濃い1年だったなあと。 […]