年末年始イタリア旅行記2 – ベネチア


その1から続き

01/01/2013 MILANO

ミラノでも年が明けて1月1日。世界の元日は、どこも静かだ(日本はもっと休んでいいと思う)。街は昨夜のカウントダウンの割れた空き瓶や花火で散らかり放題。この日は電車でベネチアの一日観光をすることにした。フランク・ロイド・ライト先生が「世界で最も美しい鉄道駅」と表したミラノ中央駅。

Tranitalia

この日の列車はこれ。悪名高きイタリア国鉄の民営化によって業務を請け負う「Treinitalia」だ。

2nd class

この広さでセカンドクラス。日本が誇る新幹線も十分広くて超快適だけれど、海外の列車は安くても席が広くていい。しばし列車の旅。

Vicenza

途中駅の「Vicenza」は、カンパニョーロ本社にごく近い駅。本当にごくごく普通の田舎町だったけれど、ここから素晴らしいプロダクトの数々が生まれていると考えると感慨深いものがあったなあ。

Venezia

水上都市ベネチア。主な交通手段は運河を利用した船と徒歩のみ。車両の乗り入れすら禁止されていて、軽車両にあたる自転車にも乗ってはいけない。さすがに元日でも多くの観光客が押し寄せていた(逆に、行くところがないのかもしれないが)。

IMGP0165

IMGP0179

すごくストレス溜まりそうな街だ・・・。でもとても美しく魅力的。

IMGP0164

普通なら地図にも載らないような、こんな細い路地でもベネチアでは主要道路なのだ。Google Mapsをたよりに観光していたのだけれど、細い路地も網羅されていて距離感覚が掴めなかった。

ink sauce

ベニスの名物らしいイカスミのパスタ。物価がすごく高いので、これで20ユーロくらいしました。味はごくごく普通でしたけどね。

IMGP0169

Niche君におすすめだよ!と言われていたムラーノ島に行きたかったのだが、元旦のため船の本数が減っていて時間的に断念。

IMGP0199

さらにものすごい霧で見通しが悪い!海面は荒れてるし、海風が冷たすぎる。夏の方が断然おすすめ。でも帰り際に見たヴェニスの夕暮れは冬でもすごく美しかったのだ。

その3へ続く

Similar Posts: