野辺山シクロクロス2012 参戦記 その3


その2から続き

レースはC3Aの後にC3B、C3Cと続きます。

IMG_5245

DSC_0722

アサヒとエンドウはC3Bでシクロクロス初陣でした。このヒートではユース世代の速い2人が表彰台1・2位を独占。アサヒは見事3位に食い込むことに成功。昇級かな?

IMG_5476

めちゃくちゃ楽しそうでしたね

IMG_5659

C3Cには、恐らく唯一であろう競輪S級から篠さんが参戦。スタートで並ぶ時、2分差スタートのマスターズと同列に並んでしまい(ずいぶん年齢層高めだなと思っていたらしいですが)、最後尾ワンテンポ遅れでスタート。そこから約50人抜いたようです。競輪無双ですね。レース後「競輪より全然つれえ・・・」と言ってました。

IMG_5876

午後はUCIレースになっているカテゴリ1にまさるが出走。レベルの違う走りに会場は大声援。ぼくらの走りがお遊戯会に見えてしまうくらい、本当にすごいんです。

IMG_5633

カテ1で流行色の蛍光イエローをまとっていたのは、まさるとモリー・キャメロンの2人だけだったのでよく目立ってました。UCIレースは80%ルールというのがあって、先頭ラップタイムの80%差が開くと足切りになります。62人出走のうち、トップと同一周回数でゴール出来たのは17人だけ。まさるはラスト2周のところで終了。カテ1の選手の走りは、見ているだけでもすごく参考になります。下位カテゴリで半分以上が担いでいた泥区間も、ほぼ全員が乗ってクリアしていますし、先行者の走行ラインをうまくトレースしていくんですね。本当に無駄がない。

IMG_5555

みんながんばっていましたが、それ以上に楽しすぎて、とんでもない遊びを覚えてしまったなと感じてます。レース成績も1位のトロフィー2つ、3位のトロフィー1つの大健闘。ミポリンはロードより面白い!とか言ってるし、NABEくんは既にスペアバイクをつくる計画を立ててるし、来年以降も楽しくなりそうです。ぼくは、来年シングルスピードのレースにも出たいなあとか思ったり。

Similar Posts:

コメント

  1. […] 去年は、右も左もわからないままクラブ初のシクロクロスレースとして参戦。それからシクロクロスの楽しさに一気にのめり込んだわけですが、その後の人とのつながりがクラブの活動 […]