リムセメントあれこれ


7月はサーキットでのレースが2本も控えているので、きちんと練習したいんですが、自転車に触れられる時間が圧倒的に少ないです。できることといえば、ほんの少しの時間ローラーに乗るか、パーツいじくってるかどっちかでしょうね。

IGP2524

さて、現代の決戦用ホイールの主役はカーボンリム。ピスト人気とともにロープロファイルのアルミリムが再び脚光を浴びつつも、街乗りピストで注目を浴びるのはやはりカーボンリム。どうしてもカーボンリム。このカーボンリム、金属よりもナイーブですから、取り扱いには注意が必要ですね。最近はリムテープもかなり進化して、MIYATAと3Mが共同開発したリムテープを使ってる人が殆どなんじゃないでしょうか?確かに接着後すぐに走り出せるし、手も汚れず、クリンチャーよりもずっと取り扱いは簡単ですよね。

でもなんか物寂しい気がしません?そう、昔ながらのリムセメントです。手を汚しながらも一生懸命タイヤを貼り付ける。この手作業感。今回は洋モノを中心にリムセメントあれこれです。

IGP2605

カーボンリムの話題を振ったので、とりあえずはコレ。ぼくお気に入りコンチネンタルから「カーボンリム用のリムセメント」です。これは非常に珍しいと思います。お店の人だったら10中8、9はリムテープを勧めてるところでしょう。チューブのデザインがいかにもジャーマンな感じで大好きなんですが、需要がないですね。使用感は、カーボンリム用だけあって、通常のものと比べると接着はイマイチです。カーボンに優しいってのが唯一のポイント。

IGP2586

こっちは同じContinentalの通常のモノ。オレンジと黒はコンチのコーポレートカラー。チューブのデザインがいけてます。

IGP2575

ずっとお気に入りで使ってたVittoriaのリムセメント。もらい物なんだけど、なかなかよかったです。接着力でいうと、国外産のものは国内産(パナレーサーやSOYO)と比べると若干、接着力は弱めです。ぼくのように非力だと、国内産のセメントを使った場合、タイヤを外す時にリムを痛めてしまったりするので、国外産を使ってます。「接着力が弱め」といっても、そう簡単にリムからタイヤが外れることはありませんよ。

IGP2548

そんで、もっともお気に入りがこれ。フランスイタリアの高級タイヤメーカー「Clement」のリムセメント。クレメンはすでに存在しないメーカーのためデッドストックです。

IGP2565

このチョコレートのような色。そして他のセメントとは明らかに違う「におい」。こんな色だから、クレメンのセメントを使ってるとすぐわかります。使用感も良いです。あと3本しか残ってないので、大事に大事に使います。

さらに色々なリムセメントをすでにKinoさんが解説付きで紹介されていました。

Similar Posts: